呼吸ができればヨガはできます。

相変わらず「身体が硬いから、ヨガは無理だ」という方が多いのですが

今まで体験された後に、「やっぱりヨガはできませんでした。」という方は今までに1人もいません。

やってみたら「癒されました。緩みました。」という声がとても多いです。

 

大切なのは、呼吸です。

呼吸のためにポーズを行なっているので、その逆ではありません。

呼吸にポーズが誘導されるのです。

しつこく言いますが、

ポーズをすること=ヨガではないのです。

なので、

呼吸ができていればヨガはできます。

(これでやらない言い訳がなくなりましたね。)

どこかに痛みがあっても、股関節が十分に動かなくても、胡座が組めなくても

そのままで十分です。

 

ポーズは自分の気持ち良いと感じるところまで、痛みのないところまで。

ポーズにゴールや正解はありません。

 

今の自分で

今日できる呼吸を続け

呼吸がもたらすものに意識を向けていくこと。

 

それがヨガです。(と私は思います)

 

 

最近読んでいる『ヨーガの真実』という本。

すでに絶版なのでしょうか、中古本しか流通していません。

値段が定価の10倍!

が、すっごくいい本です。難しくて理解できない部分もありますが、手元に置いておきたい本なので、再販を希望します!