私は「ヨガを教える。」というよりも、「心地よいヨガの空間を提供する。」

という感じで日々のレッスンに臨んでいます。

 

生徒さんが日常を離れて

いつもよりゆったりと気持ちよく呼吸できますように

心身がゆるみますように

満ち足りた内側になりますように

 

ポーズを教えることなんかは案外ちっちゃなことで、、、

それよりもこちらの思いがとてもとても重要なのだと思います。

目の前の相手を信じること

愛情をもって包み込むこと

 

なので、ほとんど皆さんのポーズを修正することはせず、皆さんの内側の感覚を信じてお任せしています。(怪我につながりそうな場合などは調整に入ります。)

 

ヨガの時間には、正しい・間違っているの判断はいらないのです。

必要なのは

自分が心地よいか・そうでないかの判断基準です。

外側に正解を求めることはやめましょう。

 

自分の身体が心地よい状態でポーズをとれること。

自分の内側の状態が「心地よい」ならば

心身がリラックスに向かいます。

 

一方で、痛くても身体の声を無視して、頑張り過ぎるポーズの時

自分の内側の状態が「緊張」ならば

心身はますます縮こまります。

 

ヨガは無理してやるものではありません。

「微笑みながら、余裕を持ってポーズが出来ているか」がひとつの目安になります。