週1ペースでプライベートレッスンに通われている70代の方がいらっしゃいます。

もうそろそろ2年くらいになりますが、

『今まで一度もヨガに来るのが面倒だと思ったことはないです。

ヨガをすると身体が軽〜くなって痛みも消えます。』

とおっしゃっています。

表情や言葉も明るく前向きに変化されてきています。

 

若い年代とは違って、年齢を重ねてくると

心と身体のメンテナンスをしているかどうかが、

日常生活の快・不快を左右します。

 

「病院に行くほどの痛み、だるさではないけれど

なんとなく身体が重い、疲れる、気分が塞ぎがち。」

こういった場合、ヨガはとてもいい仕事をしてくれます。

緊張を解きほぐす、身体をゆるめる。そして深い呼吸。

これを定期的に入れていけば、十分に心身は整います。

メンテナンスせずに放置をしておくから、激痛や病気になってしまいます。

 

メンタルの問題であっても、

身体が縮こまり緊張しています。

心と身体はつながっています。

不安を考え出す思考・マインドをいったんお休みさせて

今の身体に集中して

ゆったりした呼吸や緊張をゆるめるポーズをとって

心地よさを味わいます。

 

心地よさを味わうことで、脳の中の幸せを感じる部分が動き出します。

 

「ヨガはうつからの回復に効果的だ」というニュースを読んだ記憶がありますが、身体からアプローチするには、安全な方法だと思います。

 

身体を動かすなんてとんでもない。という状態の時は

ボルスターに寄りかかっているだけで充分なのです。

何もしなくても

いったん日常生活、外側との繋がりから自分を切り離してみること。

そして自分の心と身体に目を向けること、優しくすること。

そういった時間があれば

なんとかなります。

 

どんな状態でも

ヨガをあきらめる必要はありません。