10年ぶりに読んだら、凄かった本

10年も前に一度読んだyogaの聖書とも言われる

「バガヴァッドギーター」。

その時はまあ書いてあることは分かるけれど、だからってここから何を学ぶのだろう??

何が言いたいのだろう??となっていました。

 

その頃はまだ

自分の中の汚い思考、心の影の部分をないものとして

見ないように見ないように生きていたような気がします。

 

ヨガマットの上でヨガをしている自分=いい自分、ステキな自分。

それ以外の自分は、、、

まあ、日常ではヨガしている時とは違って

色々あるのが当たり前だよねーくらいでしたね。。。

 

 

そして、久々に読んだギーター。

 

もう強烈に、

腹の底から

『ここに真理が全部書いてある』

と思いました。

 

頭の中の思考が生み出す不安に飲み込まれそうになった時

その渦に巻き込まれずに

自分に戻る思考が

ようやく腹にストンと落ちました。

 

知ったら簡単なことなのですが、、、

ヨガを日々実践しつつ

心の底から納得するまで10年かかりました。

 

神の詩、バガヴァッドギーター。

きっと、ヨガしてない人はどうでもいい本なんですが、、、

自分軸で生きるために大事な真理が書いてあります。

 

小学生でもわかるように、専門用語はなしで

これからのブログで少しずつ書いてみようと思っています!

 

 

 

不安から抜け出るマインドフルネスヨガ

大昔のヨガといえば、

瞑想の時間のことでした。

 

瞑想とは、心と思考を休ませて

内側(呼吸、身体)を観察する、今ここにいる時間です。

 

心、思考は放っておけば、勝手に過去や未来に行き

不安や後悔を作り出します。

 

ただし、それは頭の中だけ。

 

実際には

客観的事実ではなく、自分だけの主観的な思いであり、取り越し苦労です。

ですが、

私たちは

その頭の中の実際には起きてもいないことの不安や

今さらどうしようもない過去の出来事の後悔に

とらわれすぎているようで

何かをやりながらも

頭の中はずーっと不安なこと、後悔、、、でいっぱいになっています。

 

自分で不安や後悔を作り出しているわけですが、

それをやめるには

『今、ここ』に意識を向けることです。

 

ヨガの時は

呼吸

呼吸で動く身体

一番刺激を受ける部分

 

をただ観察し続けます。

 

ポーズをすることで、身体への注意が向きやすくなりますので、

ただ座って瞑想に取り組むより

簡単な動きがあった方がやりやすいと思います。

 

自分をただ観察し続け、

雑念が浮かんできても、ダメだとジャッジせずに

ただ『雑念』とラベルを貼って横に流していきます。

 

観察している間は、心、思考はお休み状態になります。

観察と思考、2つは同時には動かせません。

 

この『今、ここ』にいる時間、マインドフルネスな時間がないと

私たちは

心、思考に主導権を奪われた人生が続きます。

 

マインドフルネスな時間をつくることで

心、思考を

本質の自分に手なづけることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はヨガ×コーチングセミナー

今日はヨガ×コーチングセミナーの2回目でした。

『自己肯定感を高める』がテーマでしたが、

皆さん積極的に

たくさん話してくれて、あっという間に時間が過ぎました。

 

「色んな立場の人と話をできて面白かった」

 

「知らない人達同士だから、素直に話せた」

 

とのご感想もありました。

 

誰かに話を聴いてもらう、思いを聴いてもらうって

とっても大事な時間ですね。

 

たとえ問題が解決しなくても、

聴いてもらえるだけで満たされます。

人に話すと自分に頭の中も整理されるので、

 

1人でモヤモヤする時は

・アドバイスはせずに、人の話を聴ける人

・さらに質問を投げてくれる人

に話を聴いてもらうのことをおすすめします!

 

 

他にも本日セミナーのご感想をいただいたのでご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「自分のふたをしていた感情を見ることができました。

恥ずかしい、、、とかへっぽこだなぁ、、、と感じたら、

次どうする?と考えることができました。

明日が楽しみになりました。」

 

「最近じっくりと自分と向き合うことがなかったので

よい時間を過ごすことができました。

みなさんのお話もとても参考になりました。」

 

「参加して良かったです。

自信をもてないことは自分だけの問題かと思っていたけれど、

親との関係(問題)であるとすぐ気付けたことが意外でびっくりしました。

そこの問題を掘り下げてみます。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

内側を掘り下げる。

あまりみたくない自分の嫌な面を見ることになりますが、

これをやると、自分の器が大きく育っていきますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心は私自身ではない

思考や心はコロコロと変わります。

これは変わる性質を持っているので当たり前なのですが、

 

自分=思考だ

あるいは

自分=心だ

 

と思っていると、

変わる性質をよりどころとしているので、いつも揺れます。

不安の中で生きているような感じです。

 

ヨガ哲学では、

「私、自分というもの」は「変わるもの・変わらないもの」の二つに分けられると考えます。

思考や心は自分の中の「変わるもの」。

そして魂は「変わらないもの」。

 

よく「ありのままの自分でOK」だ。

とか言いますが、これは、

この「変わらない私=魂の自分」で生きている時、

どこにも欠けのない、それだけで完璧な存在だということです。

 

この「変わらない私」の感覚は、ヨガをしている最中に「なんともいえない至福感」として感じられます。

思考は止まり、穏やかに自分に戻る感覚。。。

「あぁ、この自分でいいのだ」という安心感。

 

この「変わらない私=魂の自分」が自分の中にある。

ということがわかれば

何があっても安心感が生まれます。

何があっても、思考や心に振り回されてても、

私たちの内側の深い部分は、いつだって平和なのです。

そこに戻れる安心があります。

 

 

呼吸を深める方法

呼吸が浅いという方。

 

まず今の自分の呼吸を観察してみませんか。

 

何を観るかというと

 

吐く息の最後の最後まで観ていきます。

 

吐き切るとはどうなったときなのか?

 

吸う息との切り替わりはどうなっているのか?

 

そこに間が存在するのか?

 

 

興味深く自分の呼吸を観察するだけで

 

少し呼吸が深まります。

 

そして、

「吐き切る」

「吸い始め」

 

の間にある静かな間。

 

ここを長くしていければ、

心地のよい呼吸の環が出来ます。

 

 

レッスンに来られる方がよく、

「ここに来ると、呼吸がいつもより楽に深く出来るんです。」

とおっしゃいます。

 

場も大事です。

やはり、いい気の流れる場所は呼吸も深まります。

 

レッスンでは、

「みんなが心地よい本来の呼吸に戻れるように」

このために

場を整えること、気を満たすことにとても気を使っていたりします。。。

 

話が逸れましたが、

 

呼吸は、生命をつなぐためには止めてはならないもの。

その呼吸が浅いと、可もなく不可もなくと言ったところです。

 

呼吸が深くかつ意識が内側に向いていれば

長寿、アンチエイジング、病気予防、ダイエット、、、と様々な効果がもたらされます。

 

しかも道具もいらない、場所もとらない、自分一人でできます。

 

 

不安は自分の頭の中で作っているの続き

前回の「不安は自分の頭の中で作っている」の続きです。

 

不安な気持ち。

世の中色んな大変な事が起こって、不安な気持ちが湧いてくるのは自分ではどうしようもないことと思っているかもしれませんが、

実は、不安は自分の頭のなかで作っています。

実際には起きてはいない未来のことを先に考えて、

「あれがこうなったらどうしよう」

「現実にこんなことが起きたら私はどうなってしまうのだろう」

と頭の中は、次々不安を考えだすようになっています。

いったん思考が暴走しだすと、何とも言えない不安感に襲われる場合もありますね。

けれど客観的にみると、それは「あなたの頭の中」で作り出している妄想であって、

その瞬間現実の世界では、何も起きてはいません。

 

私の場合。

今朝は、

雪の降り積もる様子をみるとすぐに

まだ除雪もやってないし雪道の運転もしてないのに、

「大丈夫かな?」と

漠然と不安を感じて、どよーんとした自分がいました。

 

ここ数か月は、

高校受験の娘のことがなんとなく気になり、

まだ高校に行ってないのに

「バスで毎日通えるのだろうか?」

「あの高校で落ちこぼれないだろうか?」とかまだ起きてないことを色々と考え不安になる日々。

あとは、

小学校に上がる息子は大丈夫なんだろうか?

中学校に上がる娘は大丈夫なんだろうか?

3人とも一気に新生活で私はうまくフォローできるんだろうか?

等々、

起きていないことの不安を私の頭の中で作っております。

(きっと、子供たちは不安よりもワクワクしていることと思います。)

 

取り越し苦労のエネルギーほど無駄なものはないですね!

 

この不安を作り出す思考を大人しくさせるには

まず「今、私はまた頭の中で起きていないことの不安を考えてたな」と気づくこと。

そして

目の前のことに集中することです。

 

私も、気付づたらすぐに目の前のことに集中するようにしてます。

そうしたらすっと落ち着けます。

そしてそのたびに「不安は自分で作っているな」と確認してます。

 

前回も書きましたが、

ヨガの場合は呼吸と身体を観察すること。

日常では、目の前の作業に集中することです。

例えば、歯磨きをしながら、先のことを漠然と考えるのではなく、歯の汚れが落ち、ピカピカになることをイメージしながら歯磨きに集中します。

これが「マインドフルネス」の状態です。(掃除も洗濯も料理もすべてマインドフルネスの練習になります。)

そうすると思考が大人しくなってきます。

 

私の中には「思考」という暴れん坊がいる。

この存在をちゃんとわかっておいて

この暴れん坊をどう管理していくか、味方につけるか敵とするかで人生の不安が増えたり減ったりします。

ヨガや瞑想の時間は、身体の緊張をとるというのも大事ですが、

実はマインド・思考を客観的にみて大人しくさせていくということがとても大事になります。

マインド・思考が大人しくなり「今ここ」にいる状態が「本来の自分」です。

 

最近は、思考を静めるためにヨガと瞑想の時間がなくてはならないものとなっている私です。

これがなかったら、ずーっと不安の渦の中に漂っていたかもしれないです。。。

 

 

不安は自分の頭の中で作っている

私という存在は、「変わらないもの」と「変わるもの」とで構成されています。

 

変わらないもの=魂。

変わるもの=肉体、心、思考、自我など。

 

私というのは

心、思考だけではないという認識をもつことがとっても重要です。

先のことを不安に思う「思考」は、私の一部分であって、私の主人ではありません

なので、不安を感じさせるおしゃべりを続けてくる「思考」をストップさせることもできるわけです。

 

「また、思考が不安を感じさせるようなこと言ってるな」と気づいたら、やめる。

そして目の前の物事に集中していきます。

例えば、茶わん洗いをしながら「この先のことを漠然と考え、憂鬱になる」という場合。

不安を頭で考えだしたら、それに気づいて

茶わんを洗うことに集中するのです。そうすると、思考が大人しくなります。

また湧いてくる→気づく→茶わん洗いに集中

これを繰り返していきます。

安心を感じながら生きるためには、動きまわる思考・心を「今」につなぎとめることです。

 

ヨガの時間はその練習を

自分の呼吸と身体を観察することで練習しているわけです。

 

これを実生活でも使っていけるようになると、人生を自分軸で生きられるようになります。

不安は自分の頭の中で生み出しているだけなのだと気づけます。

茶わん洗いでも、車の運転でも、歯磨きでもすべてがマインドフルネスの実践になります。

日々、実践です。

 

 

今、ここにいることが幸せへの道につながります

身体を動かして観察すること。

そして、意識的な深い呼吸。

この2つを行いながら何をしているのかというと

心を『今、ここ』につなぎとめています。

 

過去、未来などどこへでも行ってしまう心、マインドを

身体と呼吸につなぎとめることで

本来の私に落ち着けます。

 

ヨガってそういうこと。

 

今日のレッスンは、

「ざわざわ胸のあたりが騒がしい自分を

早くヨガで落ち着かせたい」とおっしゃって参加されている方がいらっしゃいました。

 

私もそんな時があります。

暴走するマインドに主導権を握られ続けると

胸がざわざわするし、地面に足が根付いていない感じも出てきます。

 

そんな時こそ、身体と呼吸を使って

『今、ここ』にいること。

 

そしたら、すっと本来の自分に戻れるのです。

 

ヨガをすると、

身体の調子が整う、

姿勢が良くなるということももれなくついてきますが、

 

心の暴走を止めること。

 

『今、ここ』にいること。

 

これができます。

 

ちなみに、妄想で幸せな未来を考えている時よりも

過去の栄光を懐かしがっている時よりも

『今、ここ』にいる時の方が幸せ感は高いそうです。

今日のレッスンには、加賀市、金沢市からも来てくれました。

いつも遠いところをありがとうございます!!

道路の雪も解けて一安心ですが、来週も降りそうですね。。。

雪かきで腰が痛いときにオススメポーズ

大雪ですね。久しぶりに雪に埋もれました!

我が家の前はレッスンのときは、4台分駐車スペースを雪かきするので、

朝から必死です。

雪かきといえば腰が痛くなりますね。

ギックリとやってしまった時は冷やして安静にしましょう。

次の日からは温めます。

そこまでではなくても腰が痛いなぁ〜と感じたら、

パンパンに張った筋肉をゆるめてあげましょう。

簡単で気持ち良いおススメのポーズは、

あおむけに寝て行うねじりのポーズです。

1、あおむけに寝て、右膝をたて左膝をまたぐ。

2、吐く息で左にねじり、顔は反対の右を見る。手は肩の位置で伸ばしておく。

3、ゆったりと呼吸を続ける。

4、吸う息でゆっくりと戻して左右の違いを味わう。

5、同じように反対側も行う。

 

とっても気持ちいい

腰まわりをねじり、戻しての動作です。

無理のない範囲でねじって下さいね。

 

普段使わない筋肉を使いすぎた時は優しくケアしてあげましょう。

あとが楽になります。

 

そして朝起きた時に、腰に両手を当てて30回くらいゴシゴシこするのもおススメです。

腰が温まり、腎臓も温まります。

 

【大雪によるお寺ヨガ日程変更のお知らせ】

法界寺ヨガは1月25日(木)に変更になりました。

誓立寺朝ヨガは1月14日(日)は中止、21日(日)開催です。

ご迷惑をお掛けしますが、ご理解よろしくお願いします。

 

引き寄せの法則やマーフィーの法則に興味のある方にオススメ!

5日から開催してきました新年の特別レッスンが終了しました〜!

『身体をゆるめて願いを叶えるヨガ』、たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

潜在意識を自分らしく幸せに生きるために使っていく技は

知ってしまえばとっても簡単なことなのですが、

ヨガの座学やスピリチュアルなことに接していないと

一生知らない知恵だと思います。

 

決して怪しい話ではなく、自分の身体で体験できることなので

これからはこういったこともレッスンでお伝えし、みんなで実践して

人生に役立つヨガレッスンをおこなっていこうと思っています。

 

今日のレッスンのご感想をご紹介しますね。

「年のはじめに、『願いを叶える』をテーマにしたヨガが開催されるということで、これは是非とも参加したいと思ってレッスンを受けました。

願い事を叶えるには、自分の意識の中で願うだけではなくて、潜在意識のレベルでも願うようにする必要があること。

ヨガを行うことで、潜在意識に働きかけることが出来るようになることを教えて頂きました。

実際に、教えてもらったヨガレッスンに、とても癒されました。

ヨガの時には、何かを願うということは、してはいけないというか、無の境地を目指すべきなのかなと思っていましたが、願うことをしても、ちゃんと癒されて、すごいことだと思いました~!

ヨガレッスンまた、行こう☆」(すずちゃんのママ)

 

また行こう!と思ってもらえることが1番嬉しいです。

お家に帰ったら早速ご主人にも伝えるとおっしゃっていましたね。

ステキな感想をありがとうございました!

 

そして、

今回行った『身体をゆるめて願いを叶えるヨガ』に

コーチングの目標設定するセミナーを組み合わせて

『ヨガ×コーチング』のセミナーを1月20日に開催します!

〜潜在意識にアクセスして目標達成できる私になる〜

【日時】
1月20日(土) 14:00~16:00

【場所】
レンタルサロン「プティパ」(カフェ・コンディトライ ワイーさん敷地内)
住所:金沢市大額 3-182

【駐車場】
有り

【定員】
先着8名※あと4席です。

【持ち物】
・筆記用具
・ヨガマット(お持ちでない方は準備いたしますので、ご予約時にお伝えください)
・当日は動きやすい服装でお越し下さい。

【講師】
◆安田 詔子 (ヨガティーチャー)
ヨガサロンBeing yoga主宰、トラストコーチングスクール認定コーチ

◆村谷 俊幸 (コーチ)
トラストコーチングスクール認定コーチ、理学療法士

【料金】
3500円(ワイーさんの美味しいコーヒー付き)

引き寄せの法則、マーフィーの法則に興味があるけれど

上手くいかないという方は、いいヒントがみつかると思います。

引き寄せるには、内側の感覚がとっても重要なんです!

そのための『ゆるみ』ですよ。

ご興味ある方、是非お待ちしております!!