言葉に発していなくても、人の頭の中は常におしゃべりが続いてますね。一日6万語!頭の中でおしゃべりしているとも言われています。

そんな6万語の中で

「なんで私ってだめなんだろう」

「どうせ私はできない」

など、結構考えることもなく癖になってつぶやいているフレーズがあるかもしれません。

それを続けていては、そういう人生にしかなりません。

ダメな私が続くし、できない私が居続けるわけです。なぜって、それを自分の脳にそう言い聞かせてるので。

 

じゃあ、どういうフレーズを言っていけばいいのか?

「この失敗は次にどう活かそうか?」

「私はできるかもしれない」

というふうに、フレーズを置き換えていく練習を続けます。ポイントは自分の脳がその質問の答えを探してくれるようなフレーズにします。

 

最初は慣れないので、いちいち確認しながらフレーズを作ります。

これも慣れてくると、すらすらと出てくるようになります。

コーチング講座ではこういったことを学んで、まずはご自分との対話の質を上げていきます。

 

最近、私も逆境やピンチが訪れても

「なんでこんなことばっかり起きるのか・・・」という頭の中のつぶやきが

 

「このピンチをチャンスするにはどうしたらいい?」というようなフレーズが浮かんでくるようになりました。

 

何がいいって、

どんよりモードから頭の切り替えが早くなりました。不安を考えすぎないようになりました。

こういうことは、学ばないと人生損だなぁと思います。学校でも教えてくれたらいいのにと思います。