マインドフルネスなヨガとは

今日はオンラインでのヨガ哲学レッスンでした。

海外在住の方と繋いでのレッスンなのですが、

毎回、

凄い時代になったなぁと思います。

どこでもドアですね、本当に。

今日のレッスンは

ここまで学んだヨガ哲学の知恵を

ご自分の身体に落とし込み、

腹の底から納得してもらうために

目撃者の自分で自分を観ることに注意しながら

マインドフルネスヨガの実践を行いました。

 

ただ知識を入れるだけではなくて

こうやって身体の実践をするからこそ

『頭の中の静けさってこういうことか!』

『穏やかな自分ってこの感覚か!』

ということが身をもってわかるようになります。

 

そしていったん身体を使って腑に落ちた感覚は

忘れることはありません。

 

一度自転車に乗れたら、

転ぶのが難しいのと一緒ですね。

 

『目撃者の自分』

で自分をみれるようになれば

不安に押しつぶされることが激減します。

後悔で滅入ることも激減します。

 

過去、未来ではなく

今ここにいることができるようになります。

 

そのための練習がマインドフルネスヨガの時間。

本番は日常生活の中にあります。

 

ヨガの時間だけ、

気持ちよくって

ステキな自分がいる。

だけど

日常に戻ると

いつもの自分。

 

ではなくて

 

日常を生きる自分が

後悔や不安に押しつぶされないために

ヨガの時間で練習をしているのです。

 

誰だって練習すれば

自分を客観的に見ることは上手になります。

 

今、この瞬間

ご自分の呼吸を観察してみてください。

吐く息、吸う息を

何もジャッジせずにただ眺めます。

それが目撃者の自分が自分を見るということです。

途中で雑念が湧いてもジャッジせずに

何かを考えていたなと気付いたら

また観察に戻ります。

それを繰り返します。

 

これを続けることで

思考が止まると

自分の中の静寂さがあることに気がつきます。

 

ここから

思考とは何なのか?の理解が深まっていきます。

 

自分と向き合う時間は

たくさんの気づきが内側からやってきて

私たちに新しい視点、解釈を与えてくれます。

 

ご案内3/21「身体をゆるめるレッスン」

21日開催のイベント「身体をゆるめるレッスン」のご案内です!

「身体をゆるめるレッスン」

ヨガする元気はないけれど、身体をゆるめたいなぁ。

そんな時はありませんか?

身体をゆるめるレッスンは、

ヨガポーズよりも簡単な一人でできるゆるめるワーク、そして二人でゆるめるペアワークです。

簡単な動き(ゆらし)中心の脱力系ワークなので難しいこと一切なし!

とても気持ちよい状態で、緊張がとれ滞りが解消されます!

私も体調不良でヨガに向かうエネルギーが湧いてこないときは、

寝転んでできる簡単なゆるめる動きを入れて、

身体の滞りを解消するようにしています。

元気でないときこそ、自分で自分の身体のケアができたら、

自分の心身の状態を把握できるので心強いですよね。

 

身体がゆるむと、血、水、気の滞りが解消されます。

要らないものは排出へ向かい、必要なものは取り込まれるようになります。

ワークは本当に簡単なものばかりなので、ひとつでも覚えて帰っていただけたらと思っています!

またペアワークはおうちに帰ってから、家族にもやってあげると喜ばれること間違いなしです!

こんな方におススメします!

□がんばらずに身体をゆるめたい

□体調の悪い時でもできるセルフケアを身に着けたい

□人にゆるめてもらう、人をゆるめるやり方を覚えたい

 

◇◇「身体をゆるめるレッスン」◇◇

日時:3月21日(木・祝)10時~11時30分

場所:Being yoga(能美市緑が丘)

料金:2500円または回数券1回分

定員:6名(先着順です)

申込み・お問い合わせは、beingyoga_happyyoga@yahoo.co.jpまでお願いします。

 

疲労回復、気力回復に特化したプログラム

今日の午後はプライベートヨガセラピを受けていただきました。

プライベートヨガセラピーは、

その方に今日必要なヨガ、呼吸法、あるいは対話時間を

作っていくオーダーメイドのヨガ時間です。

 

今日のレッスンは、

疲労困憊気味の心身を休息させるためのヨガ時間でした。

 

脳、神経、身体、心を休める

極上のリラクゼーション。

 

自分の身体の重さを全て大地、道具に委ねて

緊張を緩め、疲労回復を目指します。

 

終わったあとは

パッと見ただけでも

表情も穏やかに目の輝きも増して

疲労回復されておりました!

 

●ゆっくりと疲労を解消されたい方

●リラックスしたい方

●動かずに心身を緩めたい方

●極上の癒しタイムを経験されたい方

●とにかく癒されたい方

 

こんな方は是非、

プライベートヨガセラピーを受けてみませんか?

 

 

疲労回復、気力回復のポーズはこんな感じです。

このまま15分程度休息します。

ただ寝るだけではなく、胸が気持ちよく広がり、

背中は脱力出来るので

安心感に包まれながらの至福の時間を過ごせます。

 

あるいは前屈ポーズでも。

無理やり力任せに前に倒すのではなく

ボルスター(長枕)に楽に寄りかかるので

とても気持ちよく脱力出来ます。

前屈のポーズは気持ちがほどよく静まりますので

10分後には穏やかな自分に出会えます!

 

脳、神経、身体、心のすべてが休息できます。

この疲労回復に特化したプログラム、

プライベートヨガセラピーでお待ちしております。

 

 

 

 

【ヨガ哲学ご感想】ヨガ哲学=生きやすくなる教えという感じです。

先日ヨガ哲学レッスンを終了された方のご感想をご紹介します。

・思っていた”哲学”のイメージとは違い、実生活の中の出来事を例えて

話してくれるので、とても分かりやすかったです。

・『本質の自分』がここ(自分の中)にある。と思えたとき

他人にもあると理解できて、自然と涙が出てきたことがとても

印象深かったです。

・レッスンを行っていくうちに、自分を客観的に見られるようになり

イラついたとき、怒りを感じたときに、いったん立ち止るようになりました。

・ヨガをはじめて6,7年経った今、ヨガ哲学を学べたことは

私にとってとても良いタイミングだったと思います。

ヨガはエクササイズではないな。と感じ始めていたからこそ、

教えが”ストン”と自分の中に落ちてきました。

・ヨガ哲学=生きやすくなる教えという感じがしました。

(40代女性)

 

この方は長くグループレッスンに通っていただいている方なのですが、

ヨガに参加する理由も最初は

「自分で決めたからには行かなきゃ」だったものが

「週1回行って身体をリセットしたい。ぎゅーっと縮こまる身体を開きたい、伸ばしたい」に変化し、

そして現在は

「1週間で心に溜まるモヤモヤをクリアにするため、頭を休めるため、心をリセットするために必要な時間」になってきているとおっしゃっていました。

 

 

私は、

ヨガ哲学の智慧を学ぶのは、ヨガ全体の1%くらいでいいと思ってます。

あとの99%はヨガの実践あるのみです。

実践にはマットの上だけでなく、日常をヨガ的に生きる実践も含まれます。

 

ここは大事なところですが、

1%でも

「人生をどう考えて、どの方向にむかっていけば自分は幸せになれるのか?」

この指針がわかっていれば、

あとは実践あるのみで、幸せの道を進んでいけます。

幸せから大きく外れることはありません。

 

 

ですが、この1%がなければ、

迷いまくるし、どこにもたどり着けないということもあり得るわけです。

 

カーナビで目的地を入れないと、どこにも行けないように

幸せに生きる指針を知らなければ、

どこにも行けないかもしれません。

 

私もヨガ哲学の指針に従って生きるようになってからは

何が自分の幸せにつながるのか?

ここを外さないようになってきたので

ブレなくなりました。(いや、ブレても早めに戻れるようになった。です。)

自分軸が出来上がってきたかな?と感じています。

 

ヨガ哲学も、1%くらいの学びなら、そんなにしんどくないと思います。

というか、難しい話は一切しませんので、しんどくないです!!

日常に使える話です。

ご興味ある方は是非体験レッスンからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

若返りのポーズ!不眠にもおススメ

胸が開いて、呼吸が深まるので

不眠にも良いと言われている「魚のポーズ」です。

ですが、「若返り」と言われた方がやる気になる方も

多いのではないでしょうか?

喉の前が伸びて、甲状腺に刺激が加わりホルモンの分泌が促されます。

やり方は

仰向けの状態でお尻の下に手のひらを下向きにして入れます。

肩も内側に入れ込むようにして、腕全体を背中の下に入れるようにします。

吸う息で両肘を押しながら、上半身を少し持ち上げて頭頂部を床に当ててそのまま数呼吸ポーズをキープします。

気を付けたいのは、ポーズから戻るときです。

ゆっくりと頭を戻し、そのまま長めの休憩を入れてください。

頭に血が上っているので、急に起き上がるとくらくらする場合があります。

 

ヨガのポーズは、緊張させた後のリリース時間が大事になります。

ゆっくりと呼吸を続けて、

内側の流れ、呼吸、身体感覚を十分に味わいながら

身体の重さを大地に預けるように力を抜いてお休みしてください。

 

たくさんのポーズはやらなくていいので

まず、一つトライしてみてください。

・自分の身体を丁寧にみる静かな時間の居心地のよさ

・身体が気持ちよく開く感覚

・緊張⇒弛緩の気持ちよさ

こういったことを感じられると思います。

 

イライラ解消には自分の感情を味わうことが必要です

ヨガ哲学のレッスンを受講中の方から

・イライラすることが少なくなった。

・不安になってもすぐに戻れるようになった。

日常での変化を感じている嬉しいご感想をたくさんいただいています。

 

イライラする自分、不安から抜け出せない自分を何とかしたい

解決したいと思い悩んで

ヨガ哲学レッスンを受けられている方が

たった2か月ほどで変化を感じていらっしゃいます。

 

「人は変えられない。変えられるのは自分の思考癖のみ。」

 

この言葉を皆さんに(自分にも!)いつも伝えていますが、

自分の思考癖が変われば、あっという間に自分の言動が変わり

そして人とのコミュニケーションが変わっていきます。

 

 

目の前の人を変えようと頑張っても

絶対にいいように物事は解決しません。

それって、

「自分は正しくて相手は間違っている」という立ち位置に立っています。

 

「本当にそうなのか?」

「私は正しくて、相手は間違っているというのは客観的な事実なのか?

それとも私の解釈なのか?」

「相手の言動に対して自分はなぜイラつくのか?」

 

こういった問いを自分に立てていくことで

 

自分の感情に気づき
(だいたい私は寂しいとか悲しいとかうらやましいとか・・・そんな感じです)

思考癖に気づけたとき

「あー、すべて私の解釈の問題。私の頭の中だけのことだった!」

と納得がいきます。

 

 

ぜひ、今度イライラしたときには

「私は正しくて、相手は間違っているというのは客観的な事実なのか?

それとも私の解釈なのか?」

「相手の言動に対して自分はなぜイラつくのか?」

 

この問いを自分に向けてみてください!

 

 

 

 

 

 

エネルギーが足りなくて動きだせない方!

お天気がよくても、まだ肌寒さは感じますね。

Being yogaのレッスンでは、温かさで皆さんを癒せればと思い

米ぬかカイロを温めてお腹の上にのせ

全身しっかり毛布に包まれて

目にはアイピローをのせて

シャバーサナ(最後の休息ポーズ)に入ります。

ヨガのポーズを終えてから

温かさ・お腹と目の上の少しの重み・香り・肌触り・包まれる

こういった安心感を感じながら

ゆったりと自分の重力を手放すことができると

心身共にゆるんで、癒しが起きます。

睡眠に匹敵するくらいの疲労回復時間となります。

春は動き出したくなる季節ですが、

なんとなく生命エネルギー(気)が満ちてない、動くのが億劫だという方は

動く前にシャバーサナ(屍のポーズ)でゆるむことをおススメします。

あるいは、

たくさん動くヨガよりリラクゼーションを目的としたゆったりとしたヨガを。

プライベートヨガセラピーでは、

全く頑張る必要のない

究極の疲労回復ヨガと呼ばれるリストラティブポーズや

筋肉をゆるめる手技

心身の緊張をリリースする手当て

など

動く元気がゼロの方のエネルギーを底上げするようなレッスンもご提供しています。

プライベートヨガセラピーについてはこちらをご覧ください