無知から脱出する

先週今週と、ヨガ哲学実践体験レッスンを行っています。

アウトプットすることは

一番自分の学びを加速させるなぁと実感中の今日この頃です。

体験レッスンでは

実は、ヨガ哲学で一番肝となる部分をお伝えしております!

 

今日はいただいた感想をご紹介します。

「『無知』とはエゴの自分を本当の自分だと思って生きること。

これを聞いたときは少しビックリしましたが、

お話を聞いているうちに心に響いてきました。

どんな感情も思いも自分自身から出ていることは間違いないので、

それを他人のせいにしないで、まずは認める・受け入れることが

大切なんだと感じました。

それを自分でわからないことには人の痛みや苦しみもわからないし、

エゴのみで生きていくことになるなと思いました。

ブレて当たり前、でも本当の自分はいつも変わらずに存在することを

教えていただけて、心が穏やかになりました。」(40代・女性)

 

 

ヨガの哲学を学ぶことで、人は無知から脱出できると言われます。

ご感想の中にもありましたが、

無知とは

エゴを本質の自分であると認識して生きている状態です。

 

その間違った認識で生きている状態から脱出できたら、

エゴを増大させることなく

自分にどっしりと落ち着いて生きることができるようになります!

 

ヨガの哲学は難解。というイメージがあるかと思いますが、

実は教えはとてもシンプルです。

ただその真理を知らず、マイルールだけで今までは生きてきた。

そこに真理を入れたら、生きることがとっても楽になりますよ。という感じです。

私の役目は、

ヨガ哲学書の解説をする人ではなく、

今抱えている悩みをヨガ哲学的にどう考えるとよいのか?

あるいは

どういう意識で生きていくと幸せを感じられるのか?

という

ヨガ哲学と日常をうまくつなげてお伝えする役目かなと思っています。

 

 

自分はどうありたいのか

身体と心はつながっています。

心がゆるんでいるのに、身体が緊張している

身体がゆるんでいるのに、心は緊張している

これはないです。

 

ガチガチに緊張している身体の人は、

自分の本心を隠して

周りに自分を合わせる言動を行っています。

「人からバカにされないため」

「みんなから浮かないため」

「あの人に認めてもらうため」

これを長い間続けていると

「人からバカにされてはいけない」

「みんなから浮いてはならない」

「あの人に認められなくてはいけない」

という誤った信念として根付きます。

 

そして

そんなことをずーっとやっていると

しまいに自分の身体と心が緊張しているのが普通になってきます。

 

 

「あの人にどう思われるか?」

自分以外の誰かに

幸せの判断基準を預けてしまったら、

周りからはいい人と

見られるかもしれないけれど

自分の幸せは遠ざかります。

そして他人から満たされたいという気持ちはエンドレスなので、もらってもまた欲しくなるという繰り返しで、

いつまでたてもこれで満たされたということはありません。

 

 

「自分はどうありたいのか?」

幸せの判断基準はこれです。

 

いきなり思考から変えるのが難しいと思ったら

まずはガチガチな身体をゆるめてあげませんか?

身体からのアプローチの方が取り組みやすいかもしれません。

自分の身体に目を向けてあげること。

そこからがスタートです。

 

 

一番うるさいのは自分の頭の中

静かな空間にいなければ

静けさを味わえないと思うかもしれませんが

周りがどうであれ

自分の頭の中を大人しくさせることができれば

どこでも静けさの中に居ることはできます。

 

一番うるさいのは、自分の頭の中です。

 

暴走する思考を手なずけること。

ヨガの目的は、思考の働きを死滅させることです。

 

思考がいつでもおしゃべりを続けていることに気づいていますか?

そしてそのおしゃべりの大半は、不安の先取りと過ぎてしまったことへの後悔。

意味のないものですね。

 

思考は、暴走する性質だということ

これを知っているだけでも

思考に振り回されなくなります。

 

ヨガって身体を柔らかくするためじゃないの?

あるいは

身体の健康法

と思っている方も多いかと思いますが、

本来のヨガの目的は、「思考の働きを止めるため。」です。

よく意味がわからない・・・という方。

思考で考えずに、

とりあえず

ご自分の身体で体験してみませんか?

ヨガは自分の身体で体験していく科学です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガ哲学実践レッスンのご感想

現在、ヨガ哲学実践講座の体験レッスンをお一人ずつ行っておりますが、

今日は、一足早く「ヨガ哲学実践レッスン(本講座)」に入った方の

ご感想をご紹介します。

 

「久しぶりに頭を使ったからなのか、自分のことを分析したからのなのか、

頭が疲れました(笑)

今までに心理学や精神医学の一般書を読んできましたが、今回のように

身につけた知識を自分に置き換え、更に整理してもらえるのは大事ですね。

違う視点を持てることが楽しいです。」

 

 

レッスンでは、

ヨガ哲学の智慧を頭に入れて、はい、おしまい!ではなく

それを自分の生活・人生にどう使えるのか?までを

しっかりと腑に落としていきます。

 

物事を決断する時

心がざわつく時

「ヨガ的にはどう考える?」

と一時止まって、

自分で選択をしていけるように。

 

そこまでしないと、「使えないヨガ哲学」のままです。

 

そのためには、自分の思考癖を探っていく必要があるので

コーチングセッションも入ります。たくさん質問を投げかけます。

なので、少し頭が疲れるかもしれません。。。

 

コーチングは自分を知るための「手法」です。

自分とあるいは他者とのコミュニケーションのやり方。

ヨガ哲学はその「手法」を使う前に、

インストールする幸せに生きるための「思想・哲学」です。

 

コーチングという素晴らしい「手法」も

それを使う人に「思想・哲学」がしっかりとあれば

自分らしく幸せな選択をしていける速度が加速すると思います。

 

 

 

次回のヨガ哲学体験レッスンは、

12月に募集を行いますが、有難いことに既に数名の方から

ご参加のお声をいただいております!

自分の軸を見つけたい方。

自分とは何かをずっと考えている方。

こんな方にはとてもお役に立つ時間になると思います。

石川県おススメヨガスタジオ4選に入っています!

先日ご連絡をいただいたのですが、

Siena(シエナ)というWEBメディアの中で

石川県のおススメのヨガスタジオ4選の中に

当ヨガサロンを選んでご紹介頂いておりました!

記事はこちら https://thesiena.jp/16210

 

Sienaは、健康で美しい、自分らしいボディケアを目指す女性のためのメディアだそうです。

うまくまとめていただいてます。

是非、皆さん一度ご覧になってみてくださいね。

 

第三者からのコメントは当事者が伝えるよりも伝わりやすい。

 

ということなので、

これまでにもご紹介いただいている記事を載せておきます。

Being yoga(ビーイングヨガ)は癒しの自宅サロン。疲れた心と体をメンテナンスしよう

地獄極楽はあの世のことではない??

少し前のことになりますが、

金沢市の照円寺で

お彼岸の時期だけ御開帳される

地獄極楽絵図を見てきました。

 

18枚の掛け軸に六道の世界と恐ろしい地獄、美しい極楽の絵が描かれています。

お寺の方の説明も伺いながら見学したのですが、

地獄と極楽は死後の世界のことではなく

今のこの世界のことではないか?」と思いました。

 

同じ時間、同じ場所に生きていながら、

「災害が多くて不安な世の中だ」と思って生きる人もいれば

「安全な生きやすい世の中だ」と思って生きている人もいます。

 

自分の頭の中が

この世をどう認識するかで

目の前の世界が違って見えます。

 

同じ時間、同じ場所にいながら

右隣の人は極楽を生きているかもしれないし

左隣の人は地獄を生きているかもしれない。

 

世界をどう認識して生きていこうが自由です。

思考も思想も思い込みも自分がどう信じるか次第。

 

であれば

自分が幸せを感じながら

「この世は極楽である」という認識で

生きていきたいなぁと思いました。

 

死んでから、極楽に行きたい!

ではなくて

今の自分の頭の中が

極楽の認識で生きればいいのだと。

 

他にも色んな気づきが湧いてきたけれど、

まだうまく言語化できず。。。

また、お彼岸に見に行ってこようと思います。

 

そして、

お土産に地獄カードと極楽カードがもらえました。↓

この照円寺の地獄極楽絵図は、約150年前に作成されたものらしいです。

苦手なことを行動すれば自分がわかる

先日からヨガのチラシをポストインするという

私の一番やりたくないことに挑戦しています。。。

「迷惑に思われたらどうしよう」

「あからさまに拒絶されたらショックを受けそうだし」

と頭のおしゃべりが行動をやらない方へ仕向けます。

 

でも、

この思考は

「みんなから好かれたい。」

「私のことを嫌わないで欲しい。」

というエゴ。

そもそも

ヨガのチラシを1枚ポストインしたからといって、

そんな嫌な顔する人がいるかもわかりません。

そして別に悪いことしているわけじゃないのに、

こそこそとポストインしてると家族にも指摘され、

自分でも嫌な汗かきながらやっていたし、

何か誤った信念があるよなぁ。。。とポストインしながら気づきました。

 

「人に嫌われてはいけない。」

「いい人じゃなければならない。」

このあたりが出てきました。

この信念を

「みんなに好かれる必要はない。」

ぐらいにゆるめれたらいいなと思って

まだポストインは苦手だけど

それでもポストインの回数を重ねていくことで

「みんなに好かれる必要はない。」を定着させていけたらと思います。

 

 

やりたくないことはやらない。

という選択もあると思いますが、

私の場合は

ヨガのレッスンは大好きなので

集客するのは仕事の一部。

 

ヨガの哲学でも

「行動することで自分の欲望が浮き彫りになり、

その欲望を摘み取ることができる」と言っています。

 

苦手なことに取り組むときは

不安になると思いますが

行動をしてはじめて、自分の深いところにある欲望が見えてきます。

そう思うと、

自分を成長させるチャンスなわけです。

 

 

ちなみに

我が家の旦那と長女は

全くもってポストインに苦手意識がない様子。

今回も手伝ってくれて、

堂々とやってよいことを教えてくれて

本当に感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初の試み「クリスタルボウル×リストラティブヨガ」

昨晩は誓立寺にて「クリスタルボウル×リストラティブヨガ」を開催しました。

 

リストラティブヨガは積極的にお休みするヨガです。

究極のリラクゼーションヨガともいわれており、

長い枕や座布団などに身体の体重を委ねて

重力に逆らわず、ただ重さを手放していく

動かないヨガです。

 

クリスタルボウルとリストラティブヨガを組み合わせたイベントは

今回が初めての試みで、

かつ10名という大人数の方の道具のセッティングとガイドしていくのも

初めてのことだったので

入念にレッスンの流れを考えて臨みました。

 

新しいことをやるときは、

不安もあるし、失敗の恐れも感じるし、

緊張もしますが

結果に執着せずに持てるもの100%を出し切るのみと

淡々と行動をしていけば

終えた後は結果はどうあれ充実感がやってきますね。

 

毎日がつまらない。

誰か楽しいことをやってくれないかなぁ。

と待っているのではなく

誰かに感動を与える側でいたいと思います。

 

 

今回は公開募集はせずに行ったイベントでしたが、

リストラティブヨガとクリスタルボウルの組み合わせは

ご参加いただたい生徒さんにもとても好評でしたので

また開催したいと思います。

 

体験レッスン満席となりました!

ありがたいことに、10月開催分のヨガ哲学実践体験レッスンは、

満席となりました!

 

「不安に飲み込まれずに、

結果に執着せずに、

自分の使命だと思うことを

淡々とやるのみ。」

と私の心が決まってからは、

物事がぐんぐんと進めれるようになりました。

 

「結果に執着せずに、

自分のやるべきことを行うだけ。」

ヨガでの聖書のような古典書「バガバットギーター」にも書いてあります。

結果に執着しない自分になるための話は、

本講座でも入れていく予定です。

 

次回の体験レッスンの募集は、12月ごろを予定しております。

 

ヨガを教え始めてもうすぐ10年です。

あと10年したらどれくらい自己信頼が今より高まっているのだろうか?

これからのヨガ人生がますます楽しみになってきました。

いよいよ明日から体験レッスンの募集を始めます!

「あなたの人生に哲学はありますか?」

ヨガの哲学を学ぶことは、「目覚めて生きる智慧」を自分に入れることです。

正しい知恵を知らない状態で生きているから、人生が不安になるだけで、

知りさえすれば、幸せを感じながら生きることができるようになります。

そんな人生が変わるようなヨガ哲学を学べる講座

「ヨガスタジオでは教えない幸せになる!ヨガ哲学実践レッスン」

の体験レッスンへの参加者募集を明日から開始します!