こんな人におススメします!

「ヨガスタジオでは教えない 幸せな自分にになる!ヨガ哲学実践レッスン」はこんな方におススメします。

・そのままの自分に自信を持ちたい方

・安心を感じながら、自分の使命を生きる指針が欲しい方

・幸せを感じながら自分らしく世の中に貢献したい方

・将来の不安を考えすぎずに「今」を幸せに生きたい方

・ヨガ哲学のエッセンスを人生に取り入れて、人間性を高めたい方

・ヨガの道を深めたい方

 

明日に続きます。

お客様の声②

前回に引き続き「ヨガスタジオでは教えない幸せになる!ヨガ哲学実践レッスン」を受けていただいたお客様の感想をご紹介します。

 

現在ヨガインストラクターをしていますが、

「日常でもヨガ的に生きるとはどういうことなのか」を

レッスンで生徒さんにどのように伝えたらよいのかが分かりました。

これまでまだ足りないと不安になり、

ヨガの色んな資格をとり続けていましたが、

資格がなくても自分に自信をもってレッスンできそうです。

体操のヨガではなく、本当のヨガを伝えていきます。(30代・ヨガ講師)

 

明日に続きます。

お客様の声1

「ヨガスタジオでは教えない幸せになる!ヨガ哲学実践レッスン」を受けていただいたお客様の感想をご紹介します。

 

「ヨガの資格まではいらないけれど、ヨガの哲学を含めてヨガを深く学んでみたい。」とずっと思っていました。

ヨガ哲学の中から本当に必要なものだけをわかりやすく教えてもらえたのがとてもよかったです。

世の中に貢献できる自分を育てていけそうです。(40代・女性・起業予定)

 

明日に続きます。

ヨガ哲学実践レッスンを作った思い

先が見えないこの時代、頼れるものは何でしょうか?

それは「自分」しかありません。

行政、家族、友人、、、と自分以外の人や物をよりどころとしているから、

何か事が起きた時に不安や恐怖が付きまとうのです。


頼れるのは自分です。

自分にゆるぎない自信と幸せに生きる指針がインストールされれば、

不安から解消され、自分らしく幸せに生きていけます。

頼れる自分を作るためには、生き方の哲学が必要です。

もっと言えば、

身体の実践もセットになっているヨガ哲学をインストールすれば、

幸せに生きるための指針、生きるよりどころが自分の中に確立できます。

「頼りになる自分」を作り、自分を信頼して生きていきませんか?

 

明日に続きます。

「ヨガスタジオでは教えない 幸せになる!ヨガ哲学実践レッスン」の目指すところ

「ヨガスタジオでは教えない 幸せになる!ヨガ哲学実践レッスン」の

目指すところは、

「ヨガ哲学」×「マインドフルネスヨガの実践」で

・必要な答えはすべて自分の中にある!

・自分を信頼し、どんな人生の問題も解決できる自分になる!

ということを知識として頭に入れるだけでなく、

あなた自身の身体の実践をもって腑に落としてもらうことです。

 

明日に続きます。

 

 

 

わたしの夢

私にはヨガを通じて実現していきたい夢があります。

それは、

「不安の中で生きる人を減らし、今を幸せに生きる人を増やしたい」

というものです。

 

まだ起きていない将来の不安や

起きてしまった過去の後悔を頭の中で考え続けるのは、

自分が幸せになるためのエネルギーを無駄遣いしていて、

とってももったいない。

今を幸せに生きるには、意識を変えることです。

周りが何一つ変わらなくても、

自分の意識さえ変われば

すぐに幸せを感じて「今」を生きられるようになります。

そのために

苦行を続ける修行的なヨガでもなく、

エクササイズだけのヨガでもない

「日常の幸せにつながるヨガ(哲学と実践)」を

必要な方にご提供していきたいと思い、

この度

「ヨガスタジオでは教えない! 幸せな自分になる!ヨガ哲学実践レッスン」

というレッスンを作りました。

 

明日に続きます。

ヨガの目的は、心と頭の働きをコントロールすること

もともとのヨガの目的は、

「心(マインド)や頭(思考)の働きを

コントロールすること」です。

 

色々と考えている頭や

何かを思う心

 

これは私の一部です。

この頭と心をコントロールせずに暴走させておくと

思考とマインドに振り回される人生になります。

 

今の世の中、不安症の方がとても多いといわれていますが、

思考は、暴走させたままにしておくと不安を考え出すようになっています。

そういうふうにできています。

それを知った上で、

不安が出てきた時は

「ああ、また思考が不安を掴んできたな」と気づいて、

手放しましょう。

 

こうして

思考を自分と一体のものとしてではなく

客観的に扱えるようになると

起こっていない将来の不安や過去の後悔を考えて

無駄なエネルギーを使ったり、自分の状態を落とすことも少なくなっていきます。

 

ヨガは、この心と頭の働きをコントロールするために

身体からアプローチします。

心と頭を黙らせよう!と

思ってみても考えてもあるいは説得してみても

案外と難しいのですが、

身体の観察を使うと簡単にできます。

 

思考が止まった静寂の時間。

実際にやってみれば

思考をコントロール出来ることがわかります。

 

「身体を整える。」という目的ではなく

「心と頭の働きをコントロールする。」というのが

元々のヨガの出発点です。

 

今はHOTヨガや体幹を鍛えるヨガが流行っていますが、

これからは

哲学的なヨガの教えが必要な時代がくるのではないかと思っています。(願望も込めて)

新しいヨーガスートラ本に挑戦です。

「ヨーガとは、心のはたらきを死滅することである」

ヨーガスートラ1章より


 

 

 

 

 

 

夢も色々ありまして。

「あなたの夢は何ですか?」という質問。

大小色んな夢があっていいのですが、

ざっくりと2つに分類されます。

それは

・エゴの自分からの欲望

・本質の自分からの夢

 

エゴの自分からの欲望は、

「お金持ちになりたい」

「月に○○円稼ぎたい」

「毎年、海外旅行に行きたい」

「好きなことだけして楽して暮らしたい」

 

一方で

本質の自分からの夢は、

この自分を天に差し出すのみという感覚で、

「自分の使命を果たしたい」

「地域のために〇〇をやりたい」

「日本のために△△を成し遂げたい」

というふうに、結果に執着しない夢となります。

結果に種着しないということは、

夢の結果(矢印)を自分に向けずに、自分以外のものに向けることです。

 

エゴの自分から出る欲望は、

本質の自分から出てきた「夢」を叶えたら

結果として手に入れることができるものだと思います。

エゴの自分が欲しがる欲望を手に入れること、そこをGOALにしていては、

とってももったいない。

 

 

今、本質の自分に出会えていない人も、

エゴの自分から出る欲望で曇って見えないだけです。

曇りを取り払えば、自分の真ん中にいつも光り輝いている本質自分が存在してます。

 

そして、

この本質の自分がいることを

確認できるのがヨガの時間です。

 

シャバーサナを終えた後の

思考が止まり静寂の中にいる穏やかな自分。

この自分に出会えたら、こういったことが一瞬で自分の身体感覚をもって体験できます。

 

ポーズ云々ではなく

ヨガや瞑想ってそんな素敵な体験をできる時間なのです!

 

今日はお寺で朝ヨガでしたが、

「ヨガは本質の自分と出会うため」ということをこの場でもお伝えしています。

 

 

 

 

デキル経営者は瞑想をする

デキル経営者は瞑想を習慣にしている方が多いと言われています。

そして経営で大きな決断を下す時は、

「最終的には自分の直感に従った」

というようなことも自伝本によく書いてありますね。

 

思考が止まらないことには

直感は働きません!!

 

 

直感を磨くために瞑想する。

それだけではなく

瞑想で、

エゴの自分ではない本質の自分に出会うことができるので、

世の中に大きく貢献できる存在となります。

 

私利私欲を満たす、お金を儲けるためだけというのは、

エゴの自分から出てくる欲求です。

 

ですが、本質の自分はそんな小さな欲求ではなく

「地域のため」「日本のため」「世界平和」とか

全人類の幸せにつながるような欲求が湧いてくるようになります。

 

 

瞑想は敷居が高い。

と思われている方は、是非ヨガからはじめてみてください。

身体を動かせるので、じっと座れない場合はヨガをまず入り口にしてくださいね。

 

思考を止める。

本質の自分と出会う。

 

瞑想もヨガも目的は同じです。

 

ただヨガで注意しなければならないのは、

ポーズをとること自体が目的となってしまったり、

身体への効果だけを求めてしまったりと

本来の目的からずれてしまうことです。

 

ヨガも瞑想も

ものすごい可能性を秘めています。

1人1人の個人的な取組みですが、

世界が変わってしまうくらいの力はあると思っています。

 

私もエクササイズだけではないヨガをこれからどんどん伝えていきます!

今日のレッスンも半分喋った。。。

 

引き寄せの法則が上手くいくコツ ヨガでもその実践があります!

引き寄せの法則。

簡単に言ってしまえば、「願えば叶う」ということ。

こんなことを実現したいな。と思えば、それが実現し、

あれが欲しいな。と思えば、それが手に入るという法則。

 

ここ数年、引き寄せの法則関連の本も多数出ているので、

実践されている方も多いと思います。

 

ですが、上手くいかない。。。という方もいるのではないでしょうか?

 

実は、ヨガにも引き寄せの法則の実践があるのです。

願えば叶う。

そのために、ヨガでは「身体」を使うのがポイントです!

身体をどうするかというと、「リラックスさせる」ことです。

 

 

引き寄せの法則でも

「自分をいい状態」にキープして願うと、上手くいくと書いてあります。

しかし、現代人はストレスまみれで常に緊張状態ですので

「いい状態」になろうと思っても、なかなかなれません。

 

そんな方にこそ、ヨガでゆるめて引き寄せの法則を使うことをおススメします。

 

身体がゆるんでいる、リラックスしている時は「いい状態」ですね。

その時に「願い」を自分に宣言すると、潜在意識にその思いが楽に届き、

叶うのです。

 

簡単に説明しましたが、

何も引き寄せの法則にあわせて、ヨガをうまく使えるようにアレンジしたわけではありません!!

ヨガ哲学に基づいた「サンカルパ」というものがちゃんと存在します。

ただ、お金が欲しいとか

旅行に行きたいとか

モテたいとか

エゴの欲求を叶えるためのではなく

「自分を世の中にどう生かしていくのか?」ということを自分に

宣言していくようなものです。

 

それでも、最初はそう難しく考えずにエゴの欲求を叶えるためにやってもいいと思っています。

だんだんと、エゴではない自分から欲求を出せるようになっていけばよいのです。

 

というわけで、引き寄せの法則が上手くいかない方は

身体をゆるめるというアプローチから自分をいい状態に持っていく

ということをやってみてはいかがでしょうか。