身体に惜しむことなく癒す時間をあげていますか?

豊かさを開花させるヨガ哲学、安田詔子です。

「カシミールの非二元ヨーガ」~聴くという技法~という本。

表現や言い回しが理解できてない部分も多かったのですが、

(非二元論とか、よくわかりません。。。)

エクササイズではないヨガを教える上で

非常にためになる内容が盛りだくさんでした。

手元に置いて、何度も読み直したい本です!

「聴くという技法」は

簡単に言えば、「感じる」ということ。

思考を使わず、からだ感覚を信じて待つこと。

 

身体と精神の慢性的な緊張と抵抗を

焦らずにじっくりと時間をかけて、聴いていくこと。

 

そのためのシャバーサナであり、ヨガのポーズがある。

 

現代人は、

病気になったときにはじめて、身体の不具合に目を向けますが、

日ごろから

自分の身体を聴く時間を確保すること、

つまり自分の身体を癒す時間を作ることができれば

病気は防げると思います。

 

どのポーズが腰痛に効く、頭痛に効くとか

そういうレベルではなく、、、

 

自分の身体に

 

惜しむことなく自分が時間をあげること。

 

これでほぼ癒されますね。

 

顔やスタイルの外見にはものすごいこだわるけれど、

地味に働き続けてくれる身体に無関心すぎて

そしていつも時間がないと言っている私たち。

 

外側ばかりに使う時間のほんの一部でも

身体を聴く時間に回したら

病気にならないと思いますし、

不安で押しつぶされることもなく、自分に安心して生きていけると思います。

ということを

自戒の意味も込めて、忘れないように書いておきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必要な気づきは内側からやってきます

豊かさを開花させるヨガ哲学、安田詔子です。

 

家の裏の雑木林で、

木の下で『木のポーズ』です。

 

外でヨガをすると、開放感があって

いつも以上に身体が伸び伸びします。

木のポーズは、片足で頑張るのではなく

下腹部で安定感を出すと良いです。

お腹までが土に埋まっているイメージで立ちます。

 

足は根っこなので下向きに伸びていくイメージ。

下半身が大地に根付きます。

 

胴体は幹、手は枝なので、上向きに伸びるイメージ。

どんどん、背骨が長さを取り戻します。

 

『揺れても戻ればいいのだな。』

『揺れないようにと、力を入れると反対に倒れやすいな。』

『揺れている自分は、ちょっと不安だな。』

『木になりきれば安定するな。』

 

色々と気づきがやってきます。

 

身体を使い、自分の内側に意識を向けてはじめて

気づきが中からやってきます。

悟りに近い気づきが来ることもあれば、

小さな気づきが来ることもあります。

 

ひとつ言えるのは、

気づきは内側からやってくるということ。

 

自分の外に何かを求めに行かなくても

 

自分の内側には無限の宝庫があります。

 

 

外に探しに出かけた

青い鳥は、

結局どこにいるのでしたっけ?

 

豊か内面を育てるには、

外側に求めているだけではなく、

内側に意識を向ける時間が必要です。

 

身体は魂の入った尊い乗り物です。

その身体と対話をするのがヨガの時間。

 

自分を信頼できるようになります。

 

 

 

 

 

これを知らないとヨガをしているとは言えません!「ヨガの八支則」

豊かさを開花させるヨガ哲学、安田詔子です。

 

ヨガは心と身体を切り離さずに、丸ごとのあなた全体を癒すので

ヨガさえあれば、

心の問題も身体の問題も根っこから解決されていくと私は思っています。

 

 

しかし、

ポーズだけ、瞑想だけ、呼吸だけのヨガををやっていては、

その効果は残念ながら低いです。

 

せっかくヨガをするのなら、ヨガの八支則を回すことを意識してやると

人生が加速度をつけて豊かになっていきます。

 

「ヨガの八支則」

これに従って、ヨガ実践者は生きていくのですが、

8個の項目をただ回していく。

これを死ぬまで続けていくのがヨガの道です。

 

この8項目は、

1.禁止事項(非暴力、嘘をつかない、盗まない、性的欲求におぼれない、物欲にとらわれすぎない)

2.おすすめ事項(清潔を心掛ける、必要以上の贅沢をしない、努力する、精神的な向上に努める、神への帰依を忘れない)

3.ポーズ

4.呼吸で気のエネルギーをコントロールすること

5.感覚の制御

6.集中

7.瞑想

8.神との一体感

と定められています。

 

この8個のうちのたった1個がヨガのポーズです。また、たった1個が瞑想。

 

ポーズだけ、瞑想だけ、呼吸法だけをやっていても、

あなた全体を癒すことには時間がかかります。

 

どれか1個に絞り込むのではなく、

この8個の円をぐるぐると回していくことで、

心・身体全体が癒されていきます。人生が向上していきます。

 

 

 

1.ヤマと2.ニヤマは日常での生き方についてです。

マットを降りてもヨガ的に生きることとは、

具体的にはヤマ、ニヤマを守っていくことです。

簡単そうなことが書いてあるけれど、実は難しかったりします。

 

3.から7.までは

瞑想的なヨガをすれば、自動的に3.4.5.6.7といけるようになります。

 

8.の悟りについては、

私も正直わからない部分がありますが、、、

 

瞑想的なヨガをやっていると、

何とも言えない至福感が自分の中から湧き上がり、

内なる神がいることを心の底から納得できる感覚が出てきます。

 

この感覚を忘れずに日常を生きていければ

これで十分なのかもしれない

と最近、思うようになりました。

 

そうではなくて、ある日ものすごい「悟り」がやってくるのかもしれない

ですし、今はまだわかりません。

わからないから

結果に執着せずに、円を回し続けるのみです。

 

ヨガはただのエクササイズではないということ、

少しご理解いただけたでしょうか?

身体が硬いからヨガできるかしら?と躊躇するのは、まったく必要がないことですね。

 

今、エクササイズ的なヨガに通われている方は、この八支則をまず頭に入れて

ポーズをきれいに仕上げること、

完成させることにとらわれずにヨガをやってみてください。

 

瞑想を続けていらっしゃる方は、

たまには身体を動かすヨガもやってみると瞑想も進化すると思います。