特別レッスン!身体をゆるめて願いを叶えるヨガ時間

1月5日(金)13時30分〜、1月6日(土)10時〜、1月8日(月)10時〜の自宅レッスンは、

新年特別企画として『身体をゆるめて願いを叶えるヨガ時間』を開催します。

・身体をゆるめるとなぜ願いが叶うのか?

・潜在意識にタネをまく方法

・普段のシャバーサナや日常にも使えるコツ

などのお話を先にし、「2018年に叶えたい夢」あるいは「こんな人生を生きたい」という誓いを設定した上で、身体のワークに入ります。

いつもより激しく動くことはありません。いつもどおりに参加していただけます。

2018年は○○を達成したい、思い通りの人生を生きたい、ヨガの深いところを知りたいという方は是非お待ちしてます!

時間は85分、料金は2500円もしくは回数券1回分のいつも通りです。

 

★問題や悩みごとを解決する

あるいは夢を叶える、願望を達成する

という人生を成長させる上での重要なことは

ヨガの身体からアプローチするという手法でだいたいが解決できると私は思っています。

 

身体からアプローチすることは実は一番簡単です。

ああでもないこうでもないと「思考」を引っ張り出してくると

余計ややこしくなります。

もっと自分の身体を信頼しましょう。

 

今、気分が落ち込んでいるなら、胸を開きましょう。

緊張しているなら、身体をゆるめましょう。

動けば気が巡り元気になる

誓立寺で毎月日曜に行っている朝ヨガですが、

よい気が1番満ちている朝に

ヨガをすることで

身体も心もクリアになり、内側に気が満ちます。

 

先日の朝ヨガに初めてご参加いただいた方から素敵な感想をいただきました!

「日常とは違った空間で身体を動かすのは初めてでしたので、

貴重な体験をさせて頂きました。楽しくて1時間があっと言う間でした。

動作に気を取られてしまい腹式呼吸を途中で忘れることもしばしばでしたが。

身体を動かすってリフレッシュできて良いですね!1日快適に過ごせました。」

 

ヨガをしている時の心地よさももちろんあるのですが、

その後の日常も快適に過ごせるってすごい幸せなことです。

 

休日をダラダラと過ごしてしまうと

夕方ごろにはどんより重たい身体とやる気のない心になってしまいます。

人間は動物です、動かないと気が巡りません。

 

年末年始もダラダラと食べて動かず、、、を繰り返す日々にならないように気をつけたいものです。

 

心と身体はつながっています。

身体が重たいな。

という時だけでなく

やる気がでない。

という時こそ軽く身体を動かす、散歩に出かけるということをやってみてください。

動くことで、停滞していた気が巡りだしてくれば、あっという間に元気が戻ります。

1月お寺朝ヨガのお知らせです。

男女問わず、どなたでもご参加いただけます。初めての方も大歓迎です!!

 

日時:1月14日(日)、21日(日)9時〜10時

場所:誓立寺 能美市辰口

料金:1800円

定員:10名ほど

持ち物:マット、ブランケット

※マットをお持ちでない場合は貸出用がありますので、ご予約時にお伝え下さい。

ご予約はメールbeingyiga_happyyoga@yahoo.co.jp

または電話09046803000までお願いします。

力を抜け、抜け、頭の力も

先月から二胡を習いはじめました!

楽器の演奏というのは、どれだけ力が抜けているかがとても重要なところで、

こんなところでヨガでの身体をゆるめることが役に立っています。

力が入っている左腕に気づいてゆるめて、左手の指の力みに気づいてゆるめて、、、こんなことをずっと繰り返してます。。。

 

楽器演奏だけじゃなく、スポーツも仕事も、力を抜いてリラックスしてやれたら

最高のパフォーマンスが発揮できます。それが一番難しいわけですが、、、。

それでも、気合でがんばる!という方向性をもってやるのではなく、

力を抜いて。という方向性をもってやるだけで結果はかなり変わると思います。

 

 

そして今週末は、楽器演奏を上達させたい娘のお友達がプライベートレッスンに来てくれます。

身体からのアプローチとコーチングを入れながら

姿勢、脳、潜在意識、呼吸。

そのあたりを伝えていきたいと思っています。

 

ちょっと姿勢を整える意識を持つだけで

ぐーんと楽器の演奏技術やスポーツの競技能力、あるいは学力向上、集中力UPになると思います。

その「ちょっとの意識」と「ちょっとの時間」を何かやる前の自分に与える余裕が必要です。

 

 

タイトルは、「力を抜け、抜け、頭の力も   体の力も手の力もみんな抜け」(指揮者ミュンシュ)の言葉の引用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

硬い身体は敵じゃなくて、私の一部です。

身体をゆるめるために必要なことは、

自分を否定するような思いを持たないことです。

「硬いから、だめだなぁ。」

と思いながらヨガするのは、自分を否定してます。

 

他人から「硬いから、あなたはだめね」と否定されたら

キューッと身体が縮こまりますよね。

それを自分に向けてやっているので、

同じように身体が縮こまって緊張がぬけない訳です。

 

「いかに自分の脳に対して、身体を緩ませるような指令を出させるか?」

が重要です。

そのために

優しい思いで身体をケアしてあげること。

たとえガチガチな身体だったとしても

その身体を否定せずにまず、「私の身体はガチガチだ」と事実をそのまま認めた上で、

「いつも頑張って身体をゆるめてあげよう。」

と優しい気持ちでゆるめていけばいいのです。

 

身体は敵じゃありません。私の一部。

否定してもいいことは1つもないです。

硬くてだめだと言い続けるのは、自分に否定語を浴びせ続けていること。

 

どんな思いで身体に向き合うか?

ヨガするとき、身体のケアをするときはここがとっても大事です。

今日は誓立寺にてお寺朝ヨガでした。

ゆっくりと自分の身体をゆるめる時間。

 

次回は12月17日(日)9時〜10時です。今年最後のお寺朝ヨガです。

自分の身体を否定せずに優しくゆるめませんか?

どなたでもご参加いただけます。