ヨガ哲学体験レッスンご感想~ヨガインストラクター編~

10月から始めたヨガ哲学体験レッスンは、

ヨガインストラクターの方や

ヨガインストラクターとしてやっていきたい方にも受講していただいてます。

 

私は全米ヨガアライアンスの資格を取得するときには、

ヨガスートラ、バガバットギータなどの哲学書は一切読んでいません。

資格取得の時は、ヨガ哲学よりも

「どうやってヨガレッスンを作るのか?」

そこに意識が向いていました。?

ヨガの哲学を学んでみたいと思ったのは、もう少し後になってからでした。

 

なので、きっとヨガの資格を持っている方も

ヨガ哲学はあまりわからない、正直言って苦手・・・という方、

たくさんいらっしゃると思います。

 

そして

ヨガレッスンでは、別にヨガ哲学をしゃべらなくても

レッスンはできますので、

問題はないのです。

 

ですが

ヨガを指導するからには

 

自分に嘘偽りなく生きている在り方

 

その真実を生徒さんに見せていく

 

ということが

ヨガの先生を長く続けるためには必要だと思います。

 

真実を生きていないと

やがて苦しむのは自分ですから。

 

 

ということで、ヨガの先生に一番

ヨガ哲学レッスンを受けて欲しいなと思っています!!

(あるいはヨガだけじゃなくても何かを教える伝える立場にある方に)

 

 

今日は、ヨガインストラクターの方の体験レッスンの感想をご紹介します!

「たくさん色んな話を聞いてくださり、

ひとつひとつの悩みをヨガの哲学に置き換えて説明してくれて

なるほどの連続でした。

 

ティーチャートレーニングで哲学を学んだはずなのに、

忘れていたり、理解していなかったことが多々あり

とても深かったです。

 

いかに自分がビジネスヨガをしていたか・・・

に気づけました(笑)

 

何事も自分はどうしたいのか?と

問いかけを続けていこうと思います。

深い学びをありがとうございました!」(ヨガインストラクター・40代)

 

この方は、自分を信頼して、自主開催のヨガの場を作られました。

 

ヨガを学ばれる方はまじめな方が多く、インプットはとても熱心です。

そこに「自己信頼」が加われば、必ず自分のヨガを提供できるようになります。

 

そのためにも、ヨガ哲学を自分にインストールすることが先。

そのあと、足りないなら

必要な身体の使い方なり、方法論をも学んだらよいと思います。

 

つまり、

こんなヨガをやりたい。

というやり方を学んでも

 

それを提供できる自分

を確立していないと

(=こんな自分が一人でヨガ教室を主宰できるはずがないという思い込みを外しておくこと)

 

どれだけインプットしようが

アウトプットの場は作れません。

 

未知の領域に足を踏み出そうとする自分を信じられる。

そのために

ヨガ哲学の智慧を学びませんか?

 

まずは体験レッスンからどうぞ。

 

■体験レッスン開催日時とお申込み■■

11月24日(土)10時~11時30分

12月5日(水)13時30分~15時

12月10日(月)13時30分~15時

 

各回3名の先着順です。

ヨガサロンBeing yogaにて対面レッスンです。

上記日程でご都合がつかない方は、一度ご相談ください。

オンラインZOOMでの受講も大丈夫です。

■料金■

90分5,000円(税込)

 

詳細はこちら

 

 

【ヨガ哲学体験レッスン募集です】

不安に押しつぶされそうになっても、

そこから「私は幸せに生きるのだ!」を選択できるので、

自分の中にヨガ哲学があって本当に良かった!と実感している今日この頃です。

 

色んな方法論や手法を学ぶ前に、

哲学を。

これは人生を生きる上で、ビジネスをしていく上でとっても武器になります。

 

生徒さんのリクエストにお応えして

ヨガ哲学体験レッスンを以下の日程で開催します。

今回は3名までのグループレッスンとなります。

11月24日(土)10時~11時30分

12月5日(水)13時30分~15時

12月10日(月)13時30分~15時

各回3名の先着順です。
ヨガサロンBeing yogaにて対面レッスンです。

ご興味ある方は是非お待ちしております。

詳細はこちら
http://beingyoga2009.namaste.jp/tetsugaku

ヨガ哲学が理解できたら、新しい世界が目の前にひらけた!

ヨガ哲学実践講座でお伝えする

一番大事な肝の部分は、

実は、体験レッスンでお伝えしています。

 

ですが、頭で理解できても

自分の中にしっかり肚落ちさせて、

身体でわかることは

違うので

ちゃんと肚落ちするまでには少々時間がかかってしまう場合が多いです。

すぐに、「あー。」と腑に落ちる方もたまにいらっしゃいますが、

 

私もこれが本当の意味で理解できた時、

新しい世界が目の前に開けた感覚でした。

私はヨガ哲学書を読んで(難解すぎて読めているのは一部です!)

一人で探究してたので、このたった一つの原理原則がわかるのに、

ヨガを始めてから10年かかりましたが。。。

 

「自分というもの」

これを

知って生きるのと知らないで生きるのは雲泥の差です。

 

今日の生徒さんも

まさにそんな感じで

2か月目のレッスンに入って

急に新しい世界が目の前にひらけたご様子で

「頭での理解ではなく、ストンと自分の中に落ちました!」

と表現されてました。

そして、これまでの自己卑下が明らかに減り、自分に自信が出てきているのが

言動でもはっきりとわかりました。

 

 

ヨガの哲学が自分の中にあれば

大きく不安に傾いても、また戻ることができます。
(不安がきれいになくなるわけではありません)

私は大丈夫と思える。

これを知らなかったら、私は不安につぶされていただろうなぁ。と思います。

 

未知な自分の人生を信頼することができるって

なんて心強いのだろうか。

 

そして、午後のプライベートヨガでは、

かれこれ2年は継続されている方なのですが

「今日、一つ身体の使い方がわかった気がします!」とおっしゃっていました。

これまでは、痛みを感じながらもポーズを作っていたときもあったそうですが、

今日は内側の感覚に従って、楽に身体の重さを大地に預けることができたようです。

 

ヨガ哲学にせよ、ヨガのポーズにせよ

頭の理解で止まることなく

ご自分の身体に落とし込むことが重要です。

 

そのために

ヨガの実践を

ただひたすら繰り返すこと。

 

そうやって得たものは、

必ず自分のものになります。

 

生きていたら、色んなことがあります。

めげそうになる時も

胸がギューッと締め付けられるような時も

眠れない夜も。

 

そんな時は

呼吸で自分を取り戻し

縮こまる胸を広げてゆるめて

そして

本質の自分を信じる。

 

考えてもどうしようもない不安を作る思考は停止させるためには

今ここにあること。

影ではなく光をみること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンラインで「ヨガ哲学体験レッスン」

先日、初めてZOOMを使ったオンラインヨガ哲学体験レッスンを行いました。

哲学の座学だけではなくて、

ヨガの実践も少し行うので少々不安もありましたが、

やってみた結果

全く問題なくレッスンを行うことができました。

 

今回は石川県と千葉県を結んでのヨガ哲学講座でしたが、

どこにいても、自分のつながりたい人とつながれるということは

ものすごい可能性がありますね!

地方に住む者にとってかなりありがたいです。

 

そして、

今回受講していただいた風祭さん(素敵なお名前ですよね!)

すぐにブログに記事をあげて下さいました。

(二本立てです!!)

自分の本質が分かる方法を実践した結果

 

血液の流れる音が止まる感覚

 

 

風祭さんは、コーチングもされていて、会社員でもあり、男の子の母でもあり、アクティブに活躍されている方です。

忙しい女性目線からの本講座への回数などのご意見もいただきましたので、

今度の講座づくりに反映させていきたいと思っています。

 

 

ひとまず、

オンライン講座をできてよかった!!というのが正直な気持ちです。

10月から、哲学体験レッスンと本講座を開講しはじめて思うことは、

案外、コツコツと準備を積めばなんでもできるんだな。ということ。

 

未知の領域に踏み込むのはとても勇気がいるけれど

そこにいける自分を

自分が一番信頼しなきゃ、何も進ない。

 

とはいえ、

10月はスケジュール調整がうまくいかず、久しぶりに体調を崩しました。

もっと自分にやさしく

そして

自分を信頼して生きよう。と思います。

 

 

どうしたらなりたい自分になれるのか?

今日は2か月目に入った生徒さんのヨガ哲学実践講座の日でした。

1か月を終えたご感想は、

「本質の自分とエゴの自分の話や、

ヤマ(日常をヨガ的に生きるうえでしてはならないこと)

ニヤマ(日常をヨガ的に生きるうえでおススメなこと)

の考え方が頭に入り、普段の考えごと、行動を分析するようになりました。

気持ちがふさぎ込むとき、上手くいかない時にそれらの考えで分析すると

納得したり、すっきりします。

ただ知識がつくだけでなく、日常に取り入れられるのがとてもよいです」

とのことでした。

 

この哲学実践講座は、ただ知識を入れてもらうだけではなくて

それを日常にどう活かしてもらうか?を大事にしています。

 

日常でも

「なんでこのことでイライラするのか?」

「私は何を望んでいるのだろうか?」

「ということは、どういうこと?」

 

と、ご自分で自分に問いを投げれるようになり、

長く気持ちを引きずらくなってきてるようです。

 

 

 

今日は「意識の集中と意図を持つことの大切さ」の話をしました。

そしてヨガの実践は、

「どんな自分でありたいのか?」を意図してサンカルパを行いました。

サンカルパは、ヨガの引き寄せの法則みたいなものです。

重要になるのは

「私には無理かもね・・・」というエゴの思考に引っ張られないでいること。

 

そのために

本質の自分を思い出します。

 

本質の自分はそのままで完全な存在。

 

「私はそのままで完全な存在なのだ。

ただエゴの自分がうるさいことを言っているだけ」

と気づきます。

 

気づくことができれば、本質の自分を信じて身を委ねるのみです。

 

未知のもの。不確実な先のこと。

これを受け入れることができれば、真の変化が起きます。

 

つまりそれは、

 

自分を信頼することです。

 

不確実な将来の自分を信じてあげられるか?

 

これが大事です。

 

 

とか言いながら、

私も自己信頼できてない時もまだまだあって

他人と比べて落ち込んだり

嫉妬したり

こんなこと私にはできるわけがないと思ったり

 

グダグダなこともよくあります。

 

それでも、

ヨガ哲学を知る前に比べると

断然戻りが早くなりました!

日々、実践は続きます。。。

 

 

 

 

 

無知から脱出する

先週今週と、ヨガ哲学実践体験レッスンを行っています。

アウトプットすることは

一番自分の学びを加速させるなぁと実感中の今日この頃です。

体験レッスンでは

実は、ヨガ哲学で一番肝となる部分をお伝えしております!

 

今日はいただいた感想をご紹介します。

「『無知』とはエゴの自分を本当の自分だと思って生きること。

これを聞いたときは少しビックリしましたが、

お話を聞いているうちに心に響いてきました。

どんな感情も思いも自分自身から出ていることは間違いないので、

それを他人のせいにしないで、まずは認める・受け入れることが

大切なんだと感じました。

それを自分でわからないことには人の痛みや苦しみもわからないし、

エゴのみで生きていくことになるなと思いました。

ブレて当たり前、でも本当の自分はいつも変わらずに存在することを

教えていただけて、心が穏やかになりました。」(40代・女性)

 

 

ヨガの哲学を学ぶことで、人は無知から脱出できると言われます。

ご感想の中にもありましたが、

無知とは

エゴを本質の自分であると認識して生きている状態です。

 

その間違った認識で生きている状態から脱出できたら、

エゴを増大させることなく

自分にどっしりと落ち着いて生きることができるようになります!

 

ヨガの哲学は難解。というイメージがあるかと思いますが、

実は教えはとてもシンプルです。

ただその真理を知らず、マイルールだけで今までは生きてきた。

そこに真理を入れたら、生きることがとっても楽になりますよ。という感じです。

私の役目は、

ヨガ哲学書の解説をする人ではなく、

今抱えている悩みをヨガ哲学的にどう考えるとよいのか?

あるいは

どういう意識で生きていくと幸せを感じられるのか?

という

ヨガ哲学と日常をうまくつなげてお伝えする役目かなと思っています。

 

 

自分はどうありたいのか

身体と心はつながっています。

心がゆるんでいるのに、身体が緊張している

身体がゆるんでいるのに、心は緊張している

これはないです。

 

ガチガチに緊張している身体の人は、

自分の本心を隠して

周りに自分を合わせる言動を行っています。

「人からバカにされないため」

「みんなから浮かないため」

「あの人に認めてもらうため」

これを長い間続けていると

「人からバカにされてはいけない」

「みんなから浮いてはならない」

「あの人に認められなくてはいけない」

という誤った信念として根付きます。

 

そして

そんなことをずーっとやっていると

しまいに自分の身体と心が緊張しているのが普通になってきます。

 

 

「あの人にどう思われるか?」

自分以外の誰かに

幸せの判断基準を預けてしまったら、

周りからはいい人と

見られるかもしれないけれど

自分の幸せは遠ざかります。

そして他人から満たされたいという気持ちはエンドレスなので、もらってもまた欲しくなるという繰り返しで、

いつまでたてもこれで満たされたということはありません。

 

 

「自分はどうありたいのか?」

幸せの判断基準はこれです。

 

いきなり思考から変えるのが難しいと思ったら

まずはガチガチな身体をゆるめてあげませんか?

身体からのアプローチの方が取り組みやすいかもしれません。

自分の身体に目を向けてあげること。

そこからがスタートです。

 

 

一番うるさいのは自分の頭の中

静かな空間にいなければ

静けさを味わえないと思うかもしれませんが

周りがどうであれ

自分の頭の中を大人しくさせることができれば

どこでも静けさの中に居ることはできます。

 

一番うるさいのは、自分の頭の中です。

 

暴走する思考を手なずけること。

ヨガの目的は、思考の働きを死滅させることです。

 

思考がいつでもおしゃべりを続けていることに気づいていますか?

そしてそのおしゃべりの大半は、不安の先取りと過ぎてしまったことへの後悔。

意味のないものですね。

 

思考は、暴走する性質だということ

これを知っているだけでも

思考に振り回されなくなります。

 

ヨガって身体を柔らかくするためじゃないの?

あるいは

身体の健康法

と思っている方も多いかと思いますが、

本来のヨガの目的は、「思考の働きを止めるため。」です。

よく意味がわからない・・・という方。

思考で考えずに、

とりあえず

ご自分の身体で体験してみませんか?

ヨガは自分の身体で体験していく科学です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガ哲学実践レッスンのご感想

現在、ヨガ哲学実践講座の体験レッスンをお一人ずつ行っておりますが、

今日は、一足早く「ヨガ哲学実践レッスン(本講座)」に入った方の

ご感想をご紹介します。

 

「久しぶりに頭を使ったからなのか、自分のことを分析したからのなのか、

頭が疲れました(笑)

今までに心理学や精神医学の一般書を読んできましたが、今回のように

身につけた知識を自分に置き換え、更に整理してもらえるのは大事ですね。

違う視点を持てることが楽しいです。」

 

 

レッスンでは、

ヨガ哲学の智慧を頭に入れて、はい、おしまい!ではなく

それを自分の生活・人生にどう使えるのか?までを

しっかりと腑に落としていきます。

 

物事を決断する時

心がざわつく時

「ヨガ的にはどう考える?」

と一時止まって、

自分で選択をしていけるように。

 

そこまでしないと、「使えないヨガ哲学」のままです。

 

そのためには、自分の思考癖を探っていく必要があるので

コーチングセッションも入ります。たくさん質問を投げかけます。

なので、少し頭が疲れるかもしれません。。。

 

コーチングは自分を知るための「手法」です。

自分とあるいは他者とのコミュニケーションのやり方。

ヨガ哲学はその「手法」を使う前に、

インストールする幸せに生きるための「思想・哲学」です。

 

コーチングという素晴らしい「手法」も

それを使う人に「思想・哲学」がしっかりとあれば

自分らしく幸せな選択をしていける速度が加速すると思います。

 

 

 

次回のヨガ哲学体験レッスンは、

12月に募集を行いますが、有難いことに既に数名の方から

ご参加のお声をいただいております!

自分の軸を見つけたい方。

自分とは何かをずっと考えている方。

こんな方にはとてもお役に立つ時間になると思います。

石川県おススメヨガスタジオ4選に入っています!

先日ご連絡をいただいたのですが、

Siena(シエナ)というWEBメディアの中で

石川県のおススメのヨガスタジオ4選の中に

当ヨガサロンを選んでご紹介頂いておりました!

記事はこちら https://thesiena.jp/16210

 

Sienaは、健康で美しい、自分らしいボディケアを目指す女性のためのメディアだそうです。

うまくまとめていただいてます。

是非、皆さん一度ご覧になってみてくださいね。

 

第三者からのコメントは当事者が伝えるよりも伝わりやすい。

 

ということなので、

これまでにもご紹介いただいている記事を載せておきます。

Being yoga(ビーイングヨガ)は癒しの自宅サロン。疲れた心と体をメンテナンスしよう