わたしの夢

私にはヨガを通じて実現していきたい夢があります。

それは、

「不安の中で生きる人を減らし、今を幸せに生きる人を増やしたい」

というものです。

 

まだ起きていない将来の不安や

起きてしまった過去の後悔を頭の中で考え続けるのは、

自分が幸せになるためのエネルギーを無駄遣いしていて、

とってももったいない。

今を幸せに生きるには、意識を変えることです。

周りが何一つ変わらなくても、

自分の意識さえ変われば

すぐに幸せを感じて「今」を生きられるようになります。

そのために

苦行を続ける修行的なヨガでもなく、

エクササイズだけのヨガでもない

「日常の幸せにつながるヨガ(哲学と実践)」を

必要な方にご提供していきたいと思い、

この度

「ヨガスタジオでは教えない! 幸せな自分になる!ヨガ哲学実践レッスン」

というレッスンを作りました。

 

明日に続きます。

猛練習の前に、心の在り方が大事!

言葉の大切さ。

どんな言葉がけで、子供たちを勇気づけるか?

これによって、ずいぶんと結果が変わってしまいます。

例え全部のチームが全く同じ練習内容を行ったとしても

マインドセットを異なると天と地ほどの差が出ます。

それくらい、マインド(心の在り方)を整えることは大事です。

練習方法やスキルも大事ですが

マインドセットさえ間違えなければ、結果はついてきます。

 

 

例えば、

「この中で一番下手なチームだと思って、一番練習しよう!」

と何度も何度も言われたら

一番下手なチーム、その通りになってしまいます。

一番下手なチームだという前提はいりませんね。

危機感をあおって、練習に向か情熱を引き出すやり方は、

今の時代の子供たち(特に日本人)には向いていないような気がします。

 

「今はまだ開花していないけれど、このチームはこの中で一番伸びしろがあるチーム。

だから、ここからは自分たちを信じて精いっぱいの練習をしよう」

と言ってもらえたら、

自分たちの可能性を信頼できて、実際にぐんぐん伸びていくと思います。

 

ということを、

最近、子供の部活動の応援をしながらも

どうしてもコーチングの目線で見てしまい

「その声かけはどうなんだろう??」と色々と悶々としてました。

(案の定、結果はついてきませんでした。。。)

 

高校野球やほかのスポーツでも

メンタルコーチをつけている学校が全国大会に出場しているところが多くなっているようです。

マインドセットの重要性がじわじわと広がってきていて、いいなと思います。

そういった経験を一度味わえば、

メンタルを整える重要性が腑に落ちた状態=理解できたことになるので

社会に出ても役立つだろうと思うのです。

 

 

子供たちは無限の可能性を秘めています。

それを開花させるのが指導者です。

勝った負けただけではなく、

スポーツも演奏も、勉強も、ボランティア活動も

その子の可能性を開花させ、

自分に自信をもって生きていく力をつけさえるための過程ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生のコンパスを手に入れるには

仏教用語に「無明(むみょう)」ということばがあります。

簡単に説明すると無明とは、

真理を知らず、

ただ自分の経験と知識だけを頼りに生きている人の状態のことです。

 

 

この無明は、お釈迦様が瞑想中に

「人生における人間の苦しみは、すべてこの無明からはじまる」

と悟ったと言われています。

 

人は、無明を照らすことで、安心して人生を生きていける。

 

とってもシンプルな真理です。

 

 

ここまで仏教用語で話ましたが、

仏教ではなくヨガ哲学でも同じことを言っています。

(もともと仏教とヨガは出処が同じで、宗教なのが仏教、哲学が土台となっているのがヨがです。)

ヨガ哲学は「目覚めるための知識」と言われています。

つまり

目覚めるための知識を知らずに生きることは、

目覚めていない状態で生きているということ。

エゴの自分だけで生きているということです。

エゴの自分は不足・欠乏・恐怖に基づく性質なので

「もっと欲しい」「私は足りない」「私さえよければ・・・」と煩悩を生み出します。

 

仏教的に言うと「無明を照らす」

ヨガ哲学的には「目覚めて生きる」

 

そのためには何をしたらいいのかというと

 

真理を学び、真理に基づいて生きていくということです。

 

これまたシンプルです。

 

シンプルだからこそ、難しくもあります。

 

私はヨガを続けて10年以上経ち、

ようやく「目覚めて生きる知識」がわかりました。

読んで理解するという感じではなく、腹落ちした感じです。

けれど、まだまだエゴの自分で生きている時間が長くて

「私は何でも分かっている、教えられなくても知っている」

「この人からは何も学ぶことはない」と傲慢になることが多いです。。。

そうすると、必然的に

思い悩み、苦しむことになってます。。。

 

それでも、私には無明を照らす真理は分かっているので、

振れ幅は大きいけれど、確実に平安に生きる道を歩いている気がします。

エゴの自分も認めながら、本質の自分も確認しながら

ゆっくりと精進していければいいかなと思います。

 

真理を知らずに生きると、迷います。

知ってしまえば、人生のコンパスが手に入ります。

たまに迷っても、ちゃんと戻れるのだという安心感の中で生きていけます。

 

そういえば、小学校の卒業記念に担任の先生が

一人一人に色紙をくれたのですが、

私には「勇気をもち 真理を求めて」と書いてくれました。

なんだか小学生女子に贈る言葉としてはどうなんだろう??

真理って何??って

思うような言葉だったのですが、

今となっては、まさに私はそこを求めていた!!という気がしてます。

安いからと買ったものは、豊かさにつながりにくい

豊かさを開花させるヨガ哲学 安田詔子です。

 

昨日は高1娘&中1娘と金沢へ買い物に出かけました。

皆さん、物を買うときの基準は何でしょうか?

上の娘の基準は「自分が持っていて、HAPPYな気持ちになれるのであれば、

値段は高くても気にしない」派です。

昨日も下の娘が通学用のリュックを探していて、欲しいものが見つかったけれど

値段が高くて悩んでいた時に

「これを使って気持ちが上がるなら、買えばいいのに。

安い方を買っても、通学楽しくないんじゃない?」とアドバイスしていました。

下の子は「値段と相談する」タイプです。(私も以前はこちらでした!)

ものすごく気に入っても、値段が高いと断念するのですが、

昨日は姉の意見を取り入れて、思い切ってお気に入りのものを買っていました。

 

そして今朝から早速新しいリュックで登校していましたが、

ここから下の子の心の中で

「お気に入りの物を使うことは幸せな気持ちになるなぁ。」と

豊かな気持ちが育っていってくれたらいいなぁと思います。

(もちろん、自分の支払い能力を超えるような買い物は、NGですが。。。)

 

「安いからお得」ではなくて

「自分がこれを身に着けると幸せを感じられるから」

で選んでいけば

日常生活を豊かな気持ちで過ごせます。

 

身の回りの品を、自分のお気に入りのもので揃えるとよいのは、

自分の内面をHAPPYにするからです。

 

安いからお得と思って買ったものでは得られない内面の豊かさが育っていきます。

内面の豊かさが育てば、外側の豊かさもやってきます。

これは不変の宇宙の法則です。

 

 

買い物だけではなく、

どの思考ルートを選んだら自分は幸せなのか?を自分に問うこと。

 

心の中や思考ルートは他人には見えません。正解も不正解もないものです。

 

その基準を

「自分が幸せを感じていられるように。」

で選んでいくのはいかがでしょうか。

自分に必要な分を握って産まれてくる

豊かさを開花させるヨガ哲学、安田詔子です。

 

「子供がもう1人欲しいけれど、経済的なことを考えると、、、迷ってしまう。」

というような悩みを聞くことがあります。

 

これも起きていない将来を不安に感じているわけです。

 

という私も3人目をとてもとても迷いました。。。

迷う私に母親が言ってくれたのがこの言葉。

 

『子供はみんな、

自分に必要な分だけのお金を握って産まれてくる。

この世に産まれた時には、

握っていた手を開いて世の中に出してしまうけど、

ちゃんと必要な時に必要な分がやってくる。

だから、何も心配することない。』

と。

どこかのお坊さん(忘れました!)のお話のようです。

 

この言葉で

将来の不安よりも

3人の子供たちと歩む家族の幸せ像が勝ちました。

 

今でも、この先どれくらい教育費がかかるのだろうかと

考えてしまうことはありますが、

最終的には

先の言葉を思い出して、

必要なお金はちゃんと

子供たちは産まれる時に持ってきている!

 

と安心して

不安を手放しています。

 

「子供は必要な分だけ持って産まれてくる。」

ということは、

私たち大人の一人ひとりも

みんな豊かに生きるための富は

持ってきているということ。

 

人間はみんな豊かに生きれるのです。

 

今はまだ豊かさを感じられない人も

 

自分は本当は豊かなのだ

と気づけたら

そして

一日に一回は

自分の胸に手をあてて

本質の自分=豊かさの源の存在を確認したり、

本質の自分とつながる瞑想時間を持てたら

 

ここから人生が変わりはじめます。

 

周りは何一つ変わっていなくても

自分の意識を変えることで

あっという間に

豊かさに安心して生きられるようになります。

 

自分で気がつけました!コーチングご感想

今日はヨガの生徒さんにコーチングの日でした。

「雑談しているみたいなのに、

友達に相談した時とは終わった後の気持ちが全然違いますね!

もっと早くにお願いすればよかったです」

とおっしゃっていました。

 

ほんのひとつ、質問を入れただけで

いつもの思考ルートが変更されて

あれだけモヤモヤしていた悩みの答えに

自分でたどり着ける。なんてことが簡単に起こります。

 

 

《ご感想》

『日々の生活の中でイライラや不安が大きくなってきて、

頭の中がモヤモヤして気分がよくなかったのが、

話していくうちに自分の進むべき方向がわかってきて

頭の中がクリアになる感じがしました。

 

自分の悩みや思っていることを上手く話せるか

少し不安だったけど、ひとつ話し出すと次々に出てきて、

話していくうちに「自分はこうなんだ」

と自分で気がつくようになりました。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「自分で気がつく」←これが本当に大事です。

というか、答えは自分の中にしかありません。

 

 

お悩みがある方

解決の糸口をみつけて気持ちを楽にしませんか?

答えは自分の中に必ずあります。

【お試しコーチング】90分

料金5000円

開催日時は相談して決めます。

お気軽にお問い合わせください。

ご予約,お問い合わせはbeingyoga_happyyoga@yahoo.co.jp

または09046803000までお願いします。

 

行動できる自分になるには

やりたいことがあるのに

失敗が怖くて行動できない

周りの反応が怖くて行動できない

 

このようなことはありませんか?

 

あれこれ考えた結果、

行動しないことを選ぶと

『行動力のないダメな自分。』と自己肯定感が下がっていきますね。

あるいは

無理矢理に意思の力で行動するのは

自分にストレスがかかりすぎます。

 

では、無理なく行動力をつけるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

ヨガ哲学から学べるのは、

『結果に対するあらゆる執着を捨てること』。

 

 

失敗するかもしれない

成功するかもしれない

あれが手に入るかもしれない

相手から嫌われるかもしれない

 

こういった

行為の結果にとらわれすぎるため

つまりエゴに自分が束縛されるために行動ができないのです。

 

ヨガの聖書、バガバットギーターには

〝富の征服者は

奉仕の精神で 仕事の報いを期待せずに

全ての結果を至上者(神)に委ねて活動せよ

報いを期待して働くのは哀れな人間である〟

と書かれています。

 

あれこれ自分にもたらされる利益を期待して

仕事をするのではなく

自分のやるべきことは

結果に執着せずに(全ての結果は神に委ねて)

自分の義務を忠実に遂行すること。

 

エゴに支配されず

成功も失敗も行為の結果はお任せにして

内面が乱されずに

仕事に取り組んでいると

自分の内側にある本質の自分(魂)が満たされ

結果として

自分の外側、つまり物質的な豊かさ・富がやってきます。

 

 

行動できない時は

行為の結果に執着していないか?

自分に問いかけてみてください。

 

“行動できる自分になるには” の続きを読む

ヨガをする元気のない方へ

4月から新しい環境でスタートを切った方は、そろそろ疲れが出てくる頃でしょうか?

GWのお休みは、そんな方にとってはありがたい連休ですね。

 

疲労困憊で、ヨガなんてやる元気が出てこない、、、という方

深いリラクゼーションを味わうことで、心身の疲労回復ができるヨガがあるのをご存知でしょうか?

「リストラティブヨガ」=究極リラクゼーションヨガと言われています。

身体を支える道具を使い、心身がリラックスできる姿勢を作り、動かずに積極的にお休みするヨガなので、

身体や心に不調がある方、リハビリ中の方、妊婦さん、シニアの方、どなたでもできます。

ひとつのポーズを長い時間(約20分)ホールドし、身体を開きゆるめていきます。

瞬時に他人とつながれる世の中、情報過剰な時代に生きる私たちにとって

一番必要なのは、外の世界から自分を切り離し、自分の内側に向く時間です。

その時間があれば、内側の疲労(脳や神経の疲れ)が癒されます。

ぜひ、プライベートヨガセラピーにてご体験ください!!

 

 

≪プライベートヨガセラピー≫

【開催日時】
月・火・水・土曜:13:00〜15:30
木・金曜:9:00〜12:00
日曜:要相談
上記の時間内で80分、時間はご相談のうえ決めます。

【料金】80分5,000円

プライベートヨガセラピー

モヤモヤを解消して行動していく

今日はヨガの生徒さんにコーチングセッションの日でした。

3回の継続コースの3回目。

すでに自分の進む道を着実に歩き出しています。

コーチの伴走がなくても、もう一人ですいすいと進んで行かれてます!!

 

私が色々と書くより、ご本人の感想が一番わかりやすいので掲載します。

 

「3回でまとまるのかなーって思ってけど、まとまってました。

やるまでずっとモヤモヤしてたことが自分で書いて⇒説明して⇒コーチング⇒二週間の行動と考えのまとめ⇒の繰り返しで、どんどんまとまりました。

頭の中で色んなワードの確定ボタンが押されていく感じです。

「~したい。」から「~する。」へ決定できました。

決定するとどんどん行動したくなります。」(30代・女性)

 

 

モヤモヤから抜け出るには、人に話を聴いてもらうことが一番ですね。

聴き手が

・何を言っても否定しない

・意見は言わずに、とことん聴いてくれる

・ほんの少し、視点を未来に向けてくれる

この3つがあれば別に聴き手はコーチじゃなくてもいいわけです。

 

裏返すと、

人の話を聴くときに

・それは違うと否定する。

・自分の意見を言ってしまい、相手の話を遮る。

・未来に視点を向けず、反省だけで終わらせる。

これだと話す側は満足感を得られません。

 

ちなみ、私はモヤモヤすると旦那に話を聴いてもらいます。

その時に「意見はいらないので、うんうんと聴いてくれればいいから。」

とお願いしてます。

 

 

 

 

 

 

 

考えるより感じること 

「答えは自分の中にある」

ヨガもコーチングも同じです。

私はどちらも学んでいますが

自分の中では、

ヨガの中にコーチングが含まれていると解釈しています。

コーチングするときはマインドフルネスでなければ難しいし、

マインドフルネスはヨガそのものなのです。

 

なので、今日はヨガ的視点から

「答えは自分の中にある」ということを伝えます。

 

何かに悩んだ時

「答え」は思考で考えて出すものではなく、質問を自分に投げれば

内側から湧いてきます。

自分で考える「思考」は所詮、限界があります。

そして

その答えが本当に自分にとってベストの答えなのかどうなのかのヒントは

「身体」にあります。

 

過去や未来へとどこへでもいってしまう思考はあまり当てになりません。

身体感覚こそ私たちの味方となります。

 

身体感覚。

 

思考脳ばかり使って頭でっかちな現代人ですが、

身体感覚は忘れているだけで、

また練習をすれば、ちゃんと思い出せます。

 

私たちの身体は全部知っています。

もっと身体と仲良くなる、身体からの情報を信頼しましょう。

 

そのためにヨガでは、

思考脳をお休みさせて

マインドフルネスに

身体の時間を過ごします。

 

身体感覚を取り戻すためには

内側に向くことが必要です。

内側は目には見えない世界。

 

 

身体を整えるという、私からのアプローチ

そして

身体からのメッセージをちゃんと受けとっていく。

 

この双方向のやりとりで

病がつかない身体が出来上がり、自分を信頼して自信をもって生きれるようになります。