硬い身体は敵じゃなくて、私の一部です。

身体をゆるめるために必要なことは、

自分を否定するような思いを持たないことです。

「硬いから、だめだなぁ。」

と思いながらヨガするのは、自分を否定してます。

 

他人から「硬いから、あなたはだめね」と否定されたら

キューッと身体が縮こまりますよね。

それを自分に向けてやっているので、

同じように身体が縮こまって緊張がぬけない訳です。

 

「いかに自分の脳に対して、身体を緩ませるような指令を出させるか?」

が重要です。

そのために

優しい思いで身体をケアしてあげること。

たとえガチガチな身体だったとしても

その身体を否定せずにまず、「私の身体はガチガチだ」と事実をそのまま認めた上で、

「いつも頑張って身体をゆるめてあげよう。」

と優しい気持ちでゆるめていけばいいのです。

 

身体は敵じゃありません。私の一部。

否定してもいいことは1つもないです。

硬くてだめだと言い続けるのは、自分に否定語を浴びせ続けていること。

 

どんな思いで身体に向き合うか?

ヨガするとき、身体のケアをするときはここがとっても大事です。

今日は誓立寺にてお寺朝ヨガでした。

ゆっくりと自分の身体をゆるめる時間。

 

次回は12月17日(日)9時〜10時です。今年最後のお寺朝ヨガです。

自分の身体を否定せずに優しくゆるめませんか?

どなたでもご参加いただけます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です