春に向かう身体に必要な手当

春は、寒さで縮こまっていた身体が内側から開いてくる時期です。

身体の「開く」という自然な流れをサポートするために

私たちができることは


胸の開きをスムーズにするために、肩や肩甲骨を動かす。

骨盤の開きをスムーズにするために、おなかを柔らかくしておく。

こういったことを意識しておくとよいです。

具体的には、肩をぐるぐると回す。

お腹に手を当てる。硬いところには優しく触れておく。おなかを撫でる。

こんな感じです。

その際、テレビをみながらではなく、

意識を自分の身体に向けて行ってくださいね。

自分の身体を整えるためには、

まず自分の身体に意識を向けてあげること。

そしてやさしく手当をしてあげること。

そんなに難しくありません。

胸とおなか、5分もかからずに終わります。

痛みや不調が出てから手当するより、

季節の変わり目などには

手当てを入れてあげることで

次の季節が調子よく過ごせます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です