無知から脱出しませんか?

今日から新たにヨガ哲学3か月継続コースの方のレッスンがスタートしました。

先日体験レッスン受講された際のご感想をいただきましたのでご紹介します。

「これまでも本などから少しずつ、「魂」や「本質の自分」が大事で

足りない前提からの思考や行動が生きづらさにつながっていることを

知識としては知り始めていましたが、

深いところに落とし込めずにいました。

今日の体験レッスンを受けて、それができるようになるかも!

それができるようになったらこれからの人生、

どんな風にいきていけるんだろうとワクワクした気持ちになりました。」

(40代女性)

「魂」、「本質の自分」というものは、本当の自分です。

ですが、大半の人は

自分というのは

色々と考える思考だろうか?

あれこれ感じる感情や心だろうか?

などと勘違いしています。あるいは、そういったこと

「自分とは何なのか?」なんて考えずに生きています。

この勘違い状態や自分とは何かを知らないで生きていることを

ヨガ哲学では「無知」といいます。

本当の自分というのは

コロコロと変わる思考でもないし感情でもありません。(これは自分の一部分です。)

無知から脱出して、そこを腑に落としてしまえば

人生の拠り所は外側(他人、環境)にはなく

自分の内側にあるとわかります。

これが自分軸で生きるということです。

他人から認められることに浮かれたり、認められないことに沈んだりという

自分の幸せが他人任せという状態から脱出することができます。

つまり、自分に安心して生きることができます。

誰に認められなくても、自分は自分でいいのだという安心感。

魂の私は、そのままで完全なのだから。

そんな神聖な自分が私の真ん中にいるわけです。これが本当の自分。

思考や感情や色んなエゴに束縛された状態で

今はそんな神聖は自分がいるわけがないと思うかもしれませんが、

必ずいます。エゴの曇りで見えなくなっているだけです。

「私は今まで「無知」で生きていたのか」と気づくだけでも

人生のとらえ方ががらりと変わります。

無知から脱出して生きませんか?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です