幸せを感じるには滞りのない身体にすること

先日、幸せに生きるためのヒントが満載の素敵な本を読みました。

「ネイティブアメリカン 幸せの原点」

(ビリー・ミルズ、ニコラス・スパークス著)という本なのですが、

その中で

心、精神を整えることも大事だけれど

肉体的なメンテナンスがおろそかになっていては

生命のバランスがとれない。と書いてありました。

私たちの肉体は川の流れにたとえられます。

川の流れは、流れているから

水は淀まず澄んでいます。

肉体も同じ。

程よく動くことで、血・水・気が滞ることなく流れ、

身体のバランスが整います。

激しい運動や

鍛えようという熱い気持ちもいりません。

 

滞りのない内側に戻す気持ち(イメージ)

そして

(次が最重要ポイントです!)

深い呼吸を意識的に行うことで

滞っていたものが流れ出します。

普段、私たちの続けている

無意識の浅い呼吸は

可もなく不可もなく

生命が止まらないためのもの。

 

それを

意識的に呼吸を続けることで

身体に色んなスイッチを入れることになります!

 

内側が滞ってる、身体が重いなぁ、、、という方は

3分でもいいので、

目を閉じてまずは座ってみてください。

そして呼吸を意識して続けること。

あとは、身体に任せる。

腕をあげたくなったらあげてみる。

左右に揺れたくなったら揺れてみる。

身体は思っている以上に賢いです!

内側から出てくる動きは

今あなたに必要な動きです。

そして

この身体の賢さに身を委ねるということが

人生の波に身を委ねるという感覚をつかむ練習にもなります。

何があっても

自分を信じて

人生の波に身を委ねる。

そこまで大きく捉えなくても結構ですが、、、

身体と心はつながっていますので、

最近幸せな気分になれていないなぁと気づいた方は

まずは身体の滞りを解消してみてください。

そして

内側の気分はどう変化したのか?

そこに気づいてみてくださいね!

外側がどうであれ

幸せは、今この瞬間で選ぶことができます。

幸せは内側の問題。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です