胃腸の調子が落ちてきたときは

今日もかなりの暑さの北陸地方でした!

これだけ暑いと冷たい飲み物が欲しくなりますが、

冷たい飲み物ばかり飲んでいると、胃腸の働きがだんだんと低下してきます。

 

レッスンに来られる生徒さんも

「胃腸の調子がよろしくない。」

「なんだか身体が重だるい。」

とおっしゃる方が増えています。

 

レッスンでも内臓の調子を整えるポーズや経絡の刺激

呼吸でお腹を動かすこともやりますが、

胃腸の調子を整えるのに必要なのは、「胃腸を休ませる時間を長く作ること」です。

つまり、食べていない時間を長く確保して、胃腸を休ませてあげたら胃腸の調子は整ってくるということです。

おススメは晩ご飯の見直しです。

睡眠中は食べないので(当たり前ですが)

そこに寝る前2~3時間は食べない時間をプラスすれば、かなり胃腸を休ませることができます。

 

「空腹では眠れない」という方がたまにいらっしゃいますが、

胃袋に食べ物が残っている状態の方が、熟眠しにくいです。

どんなに身体によい食べ物も、胃袋に残ったまま寝ると、かえって毒になると言われます。

 

胃腸の疲れには、あれがいい、これがいいと食材をプラスするよりも

まずは胃袋を休ませる。

これが必要です。

 

晩ごはんの時間を早める、量を控える、思い切って晩ごはんを食べない日を作る。

無理のないところから、やってみてくださいね。

 

美味しいものを美味しく食べて生きたいのなら、

調子が落ちている時くらい、やさしい気持ちで胃腸を休ませてあげませんか?

 

ちなみに、ヨガのポーズでは前屈系全般、ねじりのポーズがおすすめです。

どちらも腸に意識を向けて、吐く息でマッサージをしてあげましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です