これを知らないとヨガをしているとは言えません!「ヨガの八支則」

豊かさを開花させるヨガ哲学、安田詔子です。

 

ヨガは心と身体を切り離さずに、丸ごとのあなた全体を癒すので

ヨガさえあれば、

心の問題も身体の問題も根っこから解決されていくと私は思っています。

 

 

しかし、

ポーズだけ、瞑想だけ、呼吸だけのヨガををやっていては、

その効果は残念ながら低いです。

 

せっかくヨガをするのなら、ヨガの八支則を回すことを意識してやると

人生が加速度をつけて豊かになっていきます。

 

「ヨガの八支則」

これに従って、ヨガ実践者は生きていくのですが、

8個の項目をただ回していく。

これを死ぬまで続けていくのがヨガの道です。

 

この8項目は、

1.禁止事項(非暴力、嘘をつかない、盗まない、性的欲求におぼれない、物欲にとらわれすぎない)

2.おすすめ事項(清潔を心掛ける、必要以上の贅沢をしない、努力する、精神的な向上に努める、神への帰依を忘れない)

3.ポーズ

4.呼吸で気のエネルギーをコントロールすること

5.感覚の制御

6.集中

7.瞑想

8.神との一体感

と定められています。

 

この8個のうちのたった1個がヨガのポーズです。また、たった1個が瞑想。

 

ポーズだけ、瞑想だけ、呼吸法だけをやっていても、

あなた全体を癒すことには時間がかかります。

 

どれか1個に絞り込むのではなく、

この8個の円をぐるぐると回していくことで、

心・身体全体が癒されていきます。人生が向上していきます。

 

 

 

1.ヤマと2.ニヤマは日常での生き方についてです。

マットを降りてもヨガ的に生きることとは、

具体的にはヤマ、ニヤマを守っていくことです。

簡単そうなことが書いてあるけれど、実は難しかったりします。

 

3.から7.までは

瞑想的なヨガをすれば、自動的に3.4.5.6.7といけるようになります。

 

8.の悟りについては、

私も正直わからない部分がありますが、、、

 

瞑想的なヨガをやっていると、

何とも言えない至福感が自分の中から湧き上がり、

内なる神がいることを心の底から納得できる感覚が出てきます。

 

この感覚を忘れずに日常を生きていければ

これで十分なのかもしれない

と最近、思うようになりました。

 

そうではなくて、ある日ものすごい「悟り」がやってくるのかもしれない

ですし、今はまだわかりません。

わからないから

結果に執着せずに、円を回し続けるのみです。

 

ヨガはただのエクササイズではないということ、

少しご理解いただけたでしょうか?

身体が硬いからヨガできるかしら?と躊躇するのは、まったく必要がないことですね。

 

今、エクササイズ的なヨガに通われている方は、この八支則をまず頭に入れて

ポーズをきれいに仕上げること、

完成させることにとらわれずにヨガをやってみてください。

 

瞑想を続けていらっしゃる方は、

たまには身体を動かすヨガもやってみると瞑想も進化すると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です