トルコの自殺率の低さが豊かに生きるヒントになります!

豊かさを開花させるヨガ哲学、安田詔子です。

 

以前読んだ本(タイトルは忘れました。。。)で

トルコは自殺率がとても低いと書いてありました。

 

そしてその理由は、

「今が絶望の真っただ中でも、神は絶対に自分を見捨てることはない」

との教えが人々の内側にあるからだと。

宗教的、民族的なこともあると思います。

 

日本人にはあまりないですね、この考え。

 

ですが、これは豊かに生きる生き方のヒントだと言えます。

 

どん底の時、不安に飲み込まれそうな時、

誰かに頼ろうというのは不確定要素がいっぱいすぎて不安定です。

頼りたい相手は自分が思うほど、頼りがいがないかもしれない。

 

であれば、自分の内側に「魂の存在=内なる神」がいると信じて

そこをよりどころにしていったらどうでしょうか。

 

ヨガ哲学は、輪廻転生、神の存在を認めなければ理解不能なところがあります。

この際、輪廻転生や神の存在など、正しいのか間違っているかはどうでもよくて

自分が安心して生きられるよりどころ(不変のもの)を確保しておけばよいのです。

 

自分の内側に「完璧な存在である魂=内なる神」がいると思えば、

落ち着けます。少し、強くなれます。

 

「恐怖・不安」の闇は

「平安」という光をあてれば消えます。

 

これは外側の状況にかかわらず、人にも頼らず

一瞬で自分の内面でできること。

 

 

まずは、自分を自分で満たすことから。

そのための安心材料が「内なる神」というお守り。

どこかの神社やパワースポットに出かけなくても、

あなたの内側にいつもいますよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です