頭の中で自分に暴言吐いてませんか?

豊かさを開花させるヨガ哲学、安田詔子です。

 

ヨガの教えの中には、

日常生活でしてはいけないこと五箇条があります。

 

1、暴力を振るわない

2、嘘をつかない

3、盗まない

4、性的欲求に溺れない

5、物欲にとらわれない

 

この五つが、してはいけない事項です。

それほど難しくもないようで、案外難しいものもあります。

それでは、

何のために、この5つを守るのでしょうか??

 

それは、

『自分の内側をいい状態に保つため』です。

 

少しでいいので、

上記の5つが守れない自分を想像してみてください。

 

どんな感情が出てきますか?

身体感覚はどんな感じですか?

 

私の場合

守れない自分を想像すると

胸が苦しくなり、どんよりとした重たいモードになります。

また、胸のあたりの縮こまりを感じます。

 

 

豊かさを感じて生きるには、

内側が喜び、愛、平安の状態でいることが必須です。

 

してはいけないことをしてしまうと、

内側が恐れ、不安、罪悪感でいっぱいになります。

 

これは豊かさとは反対の性質です。

 

 

1、『暴力を振るわない』についてですが、

力の暴力だけでなく、言葉の暴力も含みます。

ということは、

自分自身に向けてつぶやく否定的な独り言ももちろん暴力です。

『私はダメだ』『私には価値がない』など、

平気で自分に向かって言っていませんか?

 

自分に強烈なダメージを与えています!

 

内側を

喜び、愛、平安から

恐怖、不安、罪悪感へと変えているのは、

外側、他人ではなく

自分への言葉かけかもしれません。

 

1日に頭の中でつぶやく独り言は六万語とも言われています。

少しずつでも、自分への暴言を減らすことが

豊かさにつながります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です