幸せを感じる練習法

ヨガレッスンやコーチングの時に

『1日3つ、幸せに感じたことをノートに書く』

ということをよく話すのですが、

これを継続してくれている生徒さんが何人かいらっしゃいます。

「これまで軽くスルーしていたことも、

これは幸せだなぁ。ノートに書こう。

と思えるだけで気分がよくなります。」

「ノートを読み返しても嬉しくなります」

 

と、とても喜んでいただけています。

 

 

わたし達は

幸せだ。と感じることができれば

それでもう幸せなのです。

 

幸せになりたい!と願うのは

先の未来では幸せでありたい、現状幸せを感じていない私ということ。

 

同じように

今この瞬間に、豊かだ。と感じることができれば

それでもう豊かなのです。

豊かになりたい!と願うのは

この先豊かになりたい、今は豊かではない私ということ。

 

大事なのは、「何を願うか」(中身)ではなく

 

今の内側がどう感じているか。(内側の状態)

 

幸せだ、豊かだ、満ち足りている。

 

このモードでいること、つまりいい気分でいることが

幸せ、豊かさ、至福感を引き寄せます。

 

『毎日、幸せを3つ書く』というのは、

自分の内側を「私は幸せ」モードにするために

とてもよい練習方法です。

 

 

ヨガ的にいうと、

シャバーサナの時の

身体も心もゆるゆるにゆるんで

『あー、しあわせだぁ。。。』というあの内側の状態で

日常も生きれたら

幸せも豊かさも寄ってくるのです。

 

そのための身体、心のメンテナンスがヨガの時間。

ヨガはただのエクササイズではありません。

豊かに人生を生きるためのものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です