行動できる自分になるには

やりたいことがあるのに

失敗が怖くて行動できない

周りの反応が怖くて行動できない

 

このようなことはありませんか?

 

あれこれ考えた結果、

行動しないことを選ぶと

『行動力のないダメな自分。』と自己肯定感が下がっていきますね。

あるいは

無理矢理に意思の力で行動するのは

自分にストレスがかかりすぎます。

 

では、無理なく行動力をつけるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

ヨガ哲学から学べるのは、

『結果に対するあらゆる執着を捨てること』。

 

 

失敗するかもしれない

成功するかもしれない

あれが手に入るかもしれない

相手から嫌われるかもしれない

 

こういった

行為の結果にとらわれすぎるため

つまりエゴに自分が束縛されるために行動ができないのです。

 

ヨガの聖書、バガバットギーターには

〝富の征服者は

奉仕の精神で 仕事の報いを期待せずに

全ての結果を至上者(神)に委ねて活動せよ

報いを期待して働くのは哀れな人間である〟

と書かれています。

 

あれこれ自分にもたらされる利益を期待して

仕事をするのではなく

自分のやるべきことは

結果に執着せずに(全ての結果は神に委ねて)

自分の義務を忠実に遂行すること。

 

エゴに支配されず

成功も失敗も行為の結果はお任せにして

内面が乱されずに

仕事に取り組んでいると

自分の内側にある本質の自分(魂)が満たされ

結果として

自分の外側、つまり物質的な豊かさ・富がやってきます。

 

 

行動できない時は

行為の結果に執着していないか?

自分に問いかけてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です