前祝いは願望実現法

桜も散ってしまいましたが、

お花見はなぜ行うようになったのか知っていますか?

実は、お花見というのは、その年の秋の豊作を願って

桜満開の先に、稲の実りを想像して先に喜ぶことで、秋の豊作を引き寄せる前祝いなんだそうです。

今年使っている、ひすいこたろうさんの手帳にそんなことが書いてありました。

「前祝い」

これは、実はとても優れた願望実現方法なのです。

今の自分の状態が、同じ状態の未来を引き寄せます。

もうちょっと言うと

今の自分の波動(エネルギー状態)が、同じ波動(エネルギー状態)の未来を引き寄せます。

秋の豊作を願うとき

「そうはいっても無理かもな」と思っていたら

そのとおりの未来を連れてきます。不作になる可能性が高いです。

一方で「今年の秋は豊作だ」と心から信じ、喜ぶ。

この内側の喜びで満たされた状態だと、そのとおりの未来を連れてきます。豊作になる可能性が高いです。

誰の未来も「今」の時点では、不確定です。

ですが、

未来を想うとき

自分の内側が喜びなら、喜びの未来がやってきます。

自分の内側が悲しみなら、悲しみの未来がやってきます。

人生は

「自分が考えた通りになっているのです」

周りや環境の結果ではなく

自分の過去の考えの結果が今の自分の人生。

ここから、もっと幸せになりたいならば

自分の考えをよくしていくこと。これしかありません。

それでも、望み通りにならないときは・・・。

それも人生です。

ヨガの教えに従って、

結果に執着しない自分を育てていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です