10年ぶりに読んだら、凄かった本

10年も前に一度読んだyogaの聖書とも言われる

「バガヴァッドギーター」。

その時はまあ書いてあることは分かるけれど、だからってここから何を学ぶのだろう??

何が言いたいのだろう??となっていました。

 

その頃はまだ

自分の中の汚い思考、心の影の部分をないものとして

見ないように見ないように生きていたような気がします。

 

ヨガマットの上でヨガをしている自分=いい自分、ステキな自分。

それ以外の自分は、、、

まあ、日常ではヨガしている時とは違って

色々あるのが当たり前だよねーくらいでしたね。。。

 

 

そして、久々に読んだギーター。

 

もう強烈に、

腹の底から

『ここに真理が全部書いてある』

と思いました。

 

頭の中の思考が生み出す不安に飲み込まれそうになった時

その渦に巻き込まれずに

自分に戻る思考が

ようやく腹にストンと落ちました。

 

知ったら簡単なことなのですが、、、

ヨガを日々実践しつつ

心の底から納得するまで10年かかりました。

 

神の詩、バガヴァッドギーター。

きっと、ヨガしてない人はどうでもいい本なんですが、、、

自分軸で生きるために大事な真理が書いてあります。

 

小学生でもわかるように、専門用語はなしで

これからのブログで少しずつ書いてみようと思っています!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です