心は私自身ではない

思考や心はコロコロと変わります。

これは変わる性質を持っているので当たり前なのですが、

 

自分=思考だ

あるいは

自分=心だ

 

と思っていると、

変わる性質をよりどころとしているので、いつも揺れます。

不安の中で生きているような感じです。

 

ヨガ哲学では、

「私、自分というもの」は「変わるもの・変わらないもの」の二つに分けられると考えます。

思考や心は自分の中の「変わるもの」。

そして魂は「変わらないもの」。

 

よく「ありのままの自分でOK」だ。

とか言いますが、これは、

この「変わらない私=魂の自分」で生きている時、

どこにも欠けのない、それだけで完璧な存在だということです。

 

この「変わらない私」の感覚は、ヨガをしている最中に「なんともいえない至福感」として感じられます。

思考は止まり、穏やかに自分に戻る感覚。。。

「あぁ、この自分でいいのだ」という安心感。

 

この「変わらない私=魂の自分」が自分の中にある。

ということがわかれば

何があっても安心感が生まれます。

何があっても、思考や心に振り回されてても、

私たちの内側の深い部分は、いつだって平和なのです。

そこに戻れる安心があります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です