呼吸を深める方法

呼吸が浅いという方。

 

まず今の自分の呼吸を観察してみませんか。

 

何を観るかというと

 

吐く息の最後の最後まで観ていきます。

 

吐き切るとはどうなったときなのか?

 

吸う息との切り替わりはどうなっているのか?

 

そこに間が存在するのか?

 

 

興味深く自分の呼吸を観察するだけで

 

少し呼吸が深まります。

 

そして、

「吐き切る」

「吸い始め」

 

の間にある静かな間。

 

ここを長くしていければ、

心地のよい呼吸の環が出来ます。

 

 

レッスンに来られる方がよく、

「ここに来ると、呼吸がいつもより楽に深く出来るんです。」

とおっしゃいます。

 

場も大事です。

やはり、いい気の流れる場所は呼吸も深まります。

 

レッスンでは、

「みんなが心地よい本来の呼吸に戻れるように」

このために

場を整えること、気を満たすことにとても気を使っていたりします。。。

 

話が逸れましたが、

 

呼吸は、生命をつなぐためには止めてはならないもの。

その呼吸が浅いと、可もなく不可もなくと言ったところです。

 

呼吸が深くかつ意識が内側に向いていれば

長寿、アンチエイジング、病気予防、ダイエット、、、と様々な効果がもたらされます。

 

しかも道具もいらない、場所もとらない、自分一人でできます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です