不安は自分の頭の中で作っている

私という存在は、「変わらないもの」と「変わるもの」とで構成されています。

 

変わらないもの=魂。

変わるもの=肉体、心、思考、自我など。

 

私というのは

心、思考だけではないという認識をもつことがとっても重要です。

先のことを不安に思う「思考」は、私の一部分であって、私の主人ではありません

なので、不安を感じさせるおしゃべりを続けてくる「思考」をストップさせることもできるわけです。

 

「また、思考が不安を感じさせるようなこと言ってるな」と気づいたら、やめる。

そして目の前の物事に集中していきます。

例えば、茶わん洗いをしながら「この先のことを漠然と考え、憂鬱になる」という場合。

不安を頭で考えだしたら、それに気づいて

茶わんを洗うことに集中するのです。そうすると、思考が大人しくなります。

また湧いてくる→気づく→茶わん洗いに集中

これを繰り返していきます。

安心を感じながら生きるためには、動きまわる思考・心を「今」につなぎとめることです。

 

ヨガの時間はその練習を

自分の呼吸と身体を観察することで練習しているわけです。

 

これを実生活でも使っていけるようになると、人生を自分軸で生きられるようになります。

不安は自分の頭の中で生み出しているだけなのだと気づけます。

茶わん洗いでも、車の運転でも、歯磨きでもすべてがマインドフルネスの実践になります。

日々、実践です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です